弱酸性の神話

スキンケアに使われる化粧品や洗顔料

ボディーソープなんかで見かける

”弱酸性”

肌に優しい感じがしませんか?

 

こんばんは~ サカグチです

お肌にやさしい 弱酸性の商品

CM宣伝などで 連発される 弱酸性!!

肌や頭皮は弱酸性がベストで アルカリは悪い!

いつの間にか「弱酸性が肌にやさしい」

これが常識になってませんか?

今日は 弱酸性=肌に安心・・なのかぁ? って話

 

 

肌や頭皮は 弱酸性がベストで アルカリは悪い!

頭皮や肌は弱酸性が良い!

弱酸性がベストの状態! ってよく言われる

「健康な肌は弱酸性だから、洗顔料は弱酸性でないといけない」

だから 弱酸性の物を使用した方が良い!

大手のメーカーのCMなどの影響で 一般的にアルカリは

肌に悪いというイメージが強いようです

でも 実際のところは どうなの??

f:id:GOIS:20170623231230g:plain

たしかに

肌や頭皮などの皮膚は弱酸性の状態がベストで

弱酸性を保ち 外部から保護したり 殺菌したりして肌トラブルを防いでいる

なので アルカリを使い 肌がアルカリ性に傾くと

皮膚の保護機能が働かなくなるのでは?

だから やっぱり弱酸性のモノを使ったほいいんじゃない?

弱酸性の洗浄成分はもれなく「合成界面活性剤」です

だから 弱酸性の洗顔料やシャンプーなどは

肌に低刺激である事は 間違いないでしょう

でも、肌に本当にやさしいのか? 

一般的に 

「低刺激」=「肌にやさしい」思いがちでもその

「優しくし過ぎが害」になる!

それって人間世界でもありますよね~?・・・そう、過保護(爆)

f:id:GOIS:20170623230125j:plain

 

例えば

洗顔やシャンプーで 一時的に肌がアルカリに傾いたとしても

肌は自分で弱酸性に戻す働きが備わっている

健康な 肌・頭皮 は乾けば弱酸性にもどる機能が備わってる

確かに アルカリ性に肌が傾き そのままアルカリ状態が続くのは良くない

でも 

肌は自分で アルカリを中和し弱酸性に戻そうと働き

血行を良くしたりして 肌は活性化していく

f:id:GOIS:20170623230931j:plain

しかし 

低刺激で優しいと言われる弱酸性で洗っていると

肌は 働かなくてもズーッと酸性のままでいられるので

 

肌は徐々に自ら働いて活性化しようとせずに

怠慢になりやすいので  本来の活性力を低下させる 

その結果

 乾燥肌や敏感肌をもたらす一つの要因ではないか?

と考えられている

アルカリに傾いたら 自分の肌力で弱酸性に戻るんだから

 

肌のメカニズムを壊すような 過保護はいらない

 

弱酸性で肌を甘やかしてはいけない!

 

なんでもかんでも アルカリは悪いとされがちだが

 

酸性だって 悪い側面をもっている!

大事なのは アルカリ性も酸性も

バランス良く使用することでしょう

 

弱酸性が流行り? CM広告が弱酸性だから肌にいい!

    これ間違いです

美容師も 毎日 酸性とアルカリ性の

薬を使い仕事してますが髪の毛に関しては またこんど・・・  おわり

f:id:GOIS:20170412105456j:plain
熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1 
美容室  Red clover

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)