縮毛矯正を定期的に繰り返す場合は

先日 このブログを読んで頂いた方から

電話での問い合わせを頂きました

f:id:GOIS:20180205003541j:plain

こんにちは~   

Red clover  坂口です

お電話頂いたのは 遠方の方で

まずは電話で相談したいとの事だったので

出来るだけ相談内容を詳しく聞き取り

想像の範囲で受け答えしましたが

実際に髪の毛を目で見て

触れて見ないことには

確かな返事ができない事を伝え

後日 来店して頂く運びになりました

相談の内容は

縮毛矯正を何度か繰り返したら

突然毛先にチリつきが出始め

矯正をやり直して貰ったが治らず

どうして良いか解らない!

との内容です

予想するに 毛先のダメージが

限界を越えた為に

髪がチリついていると想像しますが

どのように対処出来るかは

実際に髪の状態を

きちんと把握してからですね

思わぬダメージなどで

悩みを抱えてらっしゃる方は

まだまだ多いようです(ToT)

 

 

縮毛矯正を定期的に繰り返す場合は

基本的に伸びた部分だけを

縮毛矯正していく事をオススメします

なぜか?

縮毛矯正というメニューは

美容室の中でも 髪の毛に

大きくダメージを与える技術だからです

やればやるほど綺麗になるとか

ノンダメージとか そんなたぐいの

宣伝文句を謳う縮毛矯正がありますが

ありえません!

やればやるほど 髪の毛には

負荷かかり傷みに繋がるのは

間違いありません

なので

縮毛矯正は伸びた部分だけを

縮毛矯正していくリタッチ矯正が

ダメージに対しては

最善の選択だと思います

まぁ

お客さんの髪の状態と

希望スタイルにもよりますけど・・・

本日 紹介するお客さんは

2年程前から ダメージ状態の

髪の毛を改善するために

いろいろとお互いに相談しながら

ダメージした毛先を

少しずつカットして

半年一回のリタッチ矯正と

2ヶ月くらいに1回の

ヘアカラーというペースで

ハイダメージの状態から

髪の状態を改善してきました

f:id:GOIS:20180205000811j:plain

客さんは7ヵ月前に縮毛矯正して

その後に3回ヘアカラーをしています

新しく伸びた部分が10cmくらいです

縮毛矯正は根元の伸びた部分だけを

施術するリタッチ縮毛矯正で

毛先のダメージを極力減らします

f:id:GOIS:20180205000846j:plainf:id:GOIS:20180205000947j:plain

髪の毛はやや太めで

しっかりした印象なんですが

カラーとの複合した傷みがあるので

無理はせずに

リタッチ矯正します

さっそく

根本のクセを伸ばしていきますが

毛先を保護しながら始めます

リタッチ矯正は

前回の部分と

新しく生えてきた部分の

境目の部分が大事で

自然に馴染むように

しなくちゃいけません

根本だけって言っても

逆に難しかったりするんです(汗)

毛先にも

パーマ剤は使いませんが

質感を整える為に

いろいろと処理していきます

そしてェ~

はい 出来上がり!!

f:id:GOIS:20180205002017j:plain

Mさんお疲れ様でしたぁ~

明日からお手入れ簡単です!

f:id:GOIS:20180205002357j:plain

縮毛矯正を必要とする方は

担当の美容師さんと

しっかり相談して

ダメージ対策もして下さいね!!

f:id:GOIS:20180205003116j:plain f:id:GOIS:20180205004131j:plain

今日は こんな営業日記でしたぁ~

それじゃ~ またねェ!

 

 

f:id:GOIS:20170412105456j:plain
熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1 
美容室  Red clover

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)