髪の毛の負担は多く 繊細さを必要とする技術

「小さい頃はサラサラだったけど 思春期頃からクセ毛に!」

 

「生まれつきクセ毛なんでストレートは憧れ!」

 

「サラサラな髪の人がうらやましくって・・・」

クセ毛で悩んでる人は 結構います!

こんばんは~ 坂口 です

雨の日なんかは最悪で

髪の毛がうねって広がりまとまらない!

 

f:id:GOIS:20170613230844j:plain

 何とかして~!

 

 

20数年前(美容師なりたて)の頃

プラスチックの板に髪の毛を貼り付けて

クセを伸ばすパーマが当時のストレートパーマだった (^_^;)

ワンレングスが主流の時代で

ストレートパーマのの需要も多かった

その後 すぐに縮毛矯正が出てきたんだが

この縮毛矯正はクセ毛で悩んでる方には朗報だったんじゃないだろうか?

当時 Mr.ハビットと呼ばれる縮毛矯正で

現在の主流になってるストレートアイロンではなく

フルウェットの髪の毛をブローして クセを矯正していく技術で

髪の毛もかなりの負担がかかるし ブローの摩擦と

微妙なテンションが必要で繊細な技術だった

それまでのパネルを使うストレートパーマより格段に伸びるので

おのずとプラスチックの板を使うことはなくなり

ブローで伸ばしたり ストレートアイロンで伸ばしたりが

当たり前となるようになった

その後 殆どがアイロンで矯正するようになり

現在のストレートパーマの定番となった

そして

f:id:GOIS:20170613232605j:plain

ここ数年はストカールとかストデジなどと呼ばれる

根本はストレート 毛先にふんわりカール

のようなスタイルも増えた

f:id:GOIS:20170613232708j:plain

ショートレングスの縮毛矯正では

毛先がパツッとした金太郎みたいなストレートじゃなく

丸みをつけてより自然なストレートになるようになった

しかし 

丸みのある自然な縮毛矯正や

ストレートカール・ストデジ

これって 実は難しいです!

毛先を曲げたりカールさせる!

当たり前だけど 毛先に薬剤つけて熱処理するので

ダメージの問題が付いてくる

髪の毛の負担は多く 繊細さを必要とする技術なんで

ハイダメージに繋がる失敗・ビビリ毛など問題が出てくるようになった

f:id:GOIS:20170613233146j:plain

技術的な面も当然ながら

髪のダメージの見きわめも必要になるんです

髪は減点されて傷みが蓄積される

キレイな髪の状態を維持する為には

どれだけ減点させないかにかかってきます

髪の毛は減点されて傷んいく・・減点法 

しかし

髪を傷めないヘアカラーもパーマも縮毛矯正も

 

今のところありません!

キチンとした知識と技術で 

あなたの大切な ”髪” に

しっかりと向き合う美容師を見つけてもらえば

髪のマイナス点は最小限に抑えることは可能でしょう

 

縮毛矯正やストレートカール・ストデジなどの施術は

信頼のおける美容師と 相談しながら行なうのが

ベストでしょう!・・・

 

 

f:id:GOIS:20170412105456j:plain
熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1 
美容室  Red clover

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)