髪を傷めない縮毛矯正の存在?

最近は縮毛矯正の薬剤や技術への考え方など

ダメージを減らしてより良く仕上げたいと言う美容師の思いがあり

それに伴い毛髪化学や薬剤知識の意識も高くなってると思う

こんばんは~  坂口 です

縮毛矯正は美容室の中でもダメージに繋がり易いメニューなんだけど

弱酸性ストレートや GMT・スピエラなどの還元剤の活用で

ダメージレスを謳った縮毛矯正の宣伝も多く目にする

トリートメントストレートとか 改善・修復とか

いろいろあります

 

 

髪を傷めない縮毛矯正は存在するか?

 

 

ダメージの原因は何か

美容室では ダメージの原因になりやすいアルカリ剤を使用する

f:id:GOIS:20170611233156g:plain

しかし

アルカリ剤が無いと カラーやパーマができなかったりもする (^_^;)

よくアルカリが傷める

ダメージと言えば 真っ先にアルカリがって言われる

縮毛矯正ではこのアルカリとアイロンの熱が組み合わさり

髪の毛に負荷をかけているのは間違いない

では

弱酸性でかければダメージが少ないのでは?

確かに弱酸性タイプの薬剤であれば

アルカリによる負担はかからない

しかし

パーマや縮毛矯正においては 必要な還元反応がある

還元反応とは 髪の毛の中の結合を切る化学反応ですが

過度な還元は断毛につながるような 強力な化学反応でもある

酸性領域で還元作用が働く薬剤は

アルカリによるダメージは無いとはいえ

髪の毛の結合を切断してるわけで

弱酸性でも扱いを誤ると確実にダメージに繋がる

いくら弱酸性領域の還元作用でも

髪の毛の結合を切るわけだから

髪にとって負担なのは間違いない

 

マイナスな事ばかり並べたけど

そぉ~は言っても  縮毛矯正を必要とする

クセ毛の方には 無くてはこまる強い味方で

ダメージを少なくしながら 縮毛矯正を行なうしかない

その為には 美容師が髪の状態をみながら

髪の負担をコントロールしていくしかありません

かけた直後が

綺麗に伸びているのは当然ですが

数ヶ月後に

前回の矯正した部分がどんな状態か?

クセの戻りはないか? 

ダメージ状態はどうか?

根本と毛先で

どれくらい状態の違いがあるか?など

いろんな状態を考慮して 

縮毛矯正を繰り返していく過程で

長いスパンでスタイルを維持できるように

責任をもって施術していきます (^O^)

 

 

 

f:id:GOIS:20170412105456j:plain
熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1 
美容室  Red clover

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)