コールドパーマ? デジタルパーマ?

f:id:GOIS:20170611012909j:plain

先日の記事にも書いたように

縮毛矯正の履歴のある髪は パーマがかかりにくい状態にあります

お客さんは ストレートの状態に飽きると

今度はウェーブにしたいとか 毛先だけカールしたいとか

そんな希望も多い

 

本日の 坂口です  こんばんは~

先日の記事 ⇓⇓⇓

パーマは可能? それとも無理?

縮毛矯正をしている髪の毛は

ランチニオン結合を主とするタンパク変性を起こしている

このタンパク変性が髪の中で

どれくらい起こっているのいか?

毛髪の毛のタンパク変性を起こしていない元の性質が

どのくらい残っているか?

これが髪の形を変える事が 可能かどうかの判断材料になる

それを見極める事が大事なことで

毛髪の状態 カラーやパーマの履歴 縮毛矯正の履歴など

総合的に検証し判断していきますが

新生部と既染部の質感の違いなど

最終的に美容師の目と指先の感覚も

判断の決めてになるでしょう

マニアックな読者さんは続きをどうぞ~

意味が解らん人は適当にスル~してね!

 

 

縮毛矯正の髪の毛にパーマをかけるとして

コールドパーマとデジタルパーマでは

質感の違いがあります

デジタルパーマの場合は加温して乾いた状態で2液塗布します

つまり酸化処理の時に水素結合が安定した状態(乾いた状態)なんで

デジタルパーマをかけた髪の毛は ウェット状態からドライヤーなどで

ドライ状態になることで 水素結合がジスルフィドの形通りに再結合する

デジタルパーマは濡れている状態ではゆる~いウェーブにしかみえないが

乾くと弾力のあるカールを形成します

f:id:GOIS:20170609171451j:plain

一方、コールドパーマの場合は逆で

酸化処理時(2液を塗布した状態)では

ウェット状態なので水素結合は不安定な状態!

コールドパーマをかけた髪の毛は

ドライヤーで乾かす過程において

水素結合がパーマをかける前の状態に戻ろうとするので

コールドパーマは 乾かしていくと ウェーブがダレやすくなる

f:id:GOIS:20170611014659j:plain f:id:GOIS:20170611014754j:plain

2つを比較すると

縮毛矯正をした髪の毛にパーマをかける際は

コールドパーマよりもデジタルパーマの方が仕上がりに

 カールやウェーブが出やすいと結果となる

f:id:GOIS:20170610003218j:plain

しかし 縮毛矯正した髪の毛の状態が

ランチオニン結合が少なく

タンパク変性を起こしていない元の性質(ジスルフィド結合)が

残っていることが大前提で ジスルフィド結合が残っていなければ

還元剤が反応しないので

通常のパーマでもデジタルパーマでも同じ事

かかりません!

髪の毛の状態に大きく左右されるって事です

「パーマがかかる」といった定義は

 

美容師によっても違いがあり

 

お客さんが描いてるイメージとは全く違う場合もあります

だから まずは

どういった質感のウェーブが可能で 

 

また リスクはどうかなど

 

お客さんとしっかりカウンセリングして

 

パーマのイメージを共有できる事が一番大事でしょう!

 

 

f:id:GOIS:20170412105456j:plain
熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1 
美容室  Red clover

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)