シャキィーンとして  超~まっすぐ!

いよいよ梅雨本番で

美容室では縮毛矯正が多い時期!!

縮毛矯正って聞くと一昔前はシャキィーンとした

超~まっすぐな感じのイメージを想像される方が多いですが

f:id:GOIS:20170608181537j:plain

最近は自然な柔らかな質感の矯正が好まれるようになりましたね!

こんばんは~  坂口です

美容室では ダメージの原因になりやすいアルカリ剤を使用する

アルカリ剤が無いと

カラーやパーマができなかったり (^_^;)

髪の毛は傷めたくない! けど パーマやカラーリングはしたい!

アルカリ剤って痛し痒しだなぁ~(笑)

 

美容室の パーマ・カラーリング・縮毛矯正の場面では

多々 必要とされるアルカリ!

しかし このアルカリはうまくコントロールしていかないと

後々 パーマの掛かりにくい髪になっちゃいます

一般の方は解りづらい単語も出てくるけど 適当にスル~してね!

今日はちょこっと面倒くさい話だけど!・・・

 

 

 

縮毛矯正をした事がある一般の方で

経験したことがあるって人もいるんじゃないかと思うけど

矯正した髪には

パーマがかかりにくく キレイにかからない

特に シャキィーンとした バリカタで ~まっすぐな感じの

縮毛矯正した  髪の毛などはかかりづらい (^_^;)

この原因の一つに「ランチオニン結合」ってのが関係してます

では

ランチオニンって何なのか? どうしてできる?

簡単に言えば アルカリに長い時間

髪の毛をさらしていればランチオニンは生成される

縮毛矯正の施術時に 一剤(アルカリ)を塗布して放置して

還元のテストして もう少しって時は更に時間を起きますよね

この時に髪の中では 通常のジスルフィド結合【ーSーSー】が

還元反応を起こし【ーSH HSー】のシスティンに変わってる

そして 高アルカリ状態で時間が経過すると共に 片方の SH-(システイン)

「デヒドロアラニン」というアミノ酸に変化する

そうすると またもう片方の ーHS(システイン)

この「デヒドロアラニン」が反応して

『ーS-』(ランチオニン結合)が生成される

これ以外でも

縮毛矯正の1剤を水洗後に ストレートアイロンの工程に入るが

高アルカリ状態の髪に180℃のアイロンで熱を加えてると

【ーSーSー】が壊れてランチオニン結合『-S-』結合が生成される

他にも ブリーチなどの高アルカリな薬剤などは

ランチオニン結合が生成されていく確率は高くなる

通常、パーマやストレートは

還元剤(1剤)の働きによって

【ーSーSー】が⇒【ーSH HSー】となり

酸化剤(2剤)によって

【ーSH HSー】が⇒【ーSーSー】と元に戻る

つまりパーマはこの化学反応を利用したもので

理論上 可逆で繰り返し施術が可能となるんだけど

実際は アルカリを使用するので 一部のシステインは

2剤の酸化反応の前に アルカリや熱などにより

【ーSH HSー】が⇒『ーS-』に変化してしまう結合がある

この 『ーS-』(ランチオニン結合)は

不可逆で二度と還元剤で切る事ができない結合の為

ランチオニンが髪の毛に増えてしまうと

縮毛矯正もパーマも掛からなくなります

理想としては 髪の中にできるだけ

ランチオニンを生成しないようにしたいんだけどその為には

酸性領域でも還元力のある還元剤や

アルカリが強すぎない還元剤を選択したりなど

いわゆる 低膨潤で高還元の方がいいでしょうね!

だから ウチの店では

「低アルカリ高還元」が当たり前!!ってわけね(笑)・・つづく

この記事も読んでみてね~ ⇓⇓⇓

根本の伸びてきた部分だけでしょ! 

「縮毛」!! 

 

 

 

f:id:GOIS:20170412105456j:plain
熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1 
美容室  Red clover

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)