いろんな種類・ネーミングのパーマ

巷にはいろんな種類・ネーミングのパーマがあります

昔からあるコールドパーマでも

サロンごとにオリジナルでネーミングが付いていたり

水パーマにコスメパーマにクリープパーマ

デジタルパーマや低音デジタルパーマ

エアウェーブにWガラス化・・・などなど

たくさんの種類があり

すべて把握できない

こんばんは!

いろいろな種類のパーマがありますが

たくさんの技法や薬剤のメリット、デメリットを把握し

髪の毛にどう使いこなすかが鍵で

美容師のスキルにより 良くも悪くもなるでしょう

それと どんな種類のパーマでも全てのパーマに共通する事がある

それは 薬剤を使い還元と酸化をさせてかける

これだけは共通してる

この薬剤反応をベースにして 低温や高温の熱を加えたり

髪の毛を乾燥させたり させなかったりすることにより

薬剤反応のみでかけるコールドパーマとは

違う質感や再現性を可能にしている

今日はこの薬剤の還元剤を考えて見よ~っと!

 

 

 

うちの店では パーマに使う還元剤は

システアミンが主流になってます

パーマでウェーブやカールを作るには

髪の毛の表面付近を還元すると言われている

システアミンのほうが有効的で

カール形状もプルンとしたカールになりやすい特性がある

しかしデメリットもあり

ズバリ言うと システアミンはパーマの持ちが悪いらしい!

難しい話になると

システアミンはミックスジスルフィドだらけのパーマ

またまた これ

 ⇓⇓⇓

還元剤 ↓

RSH ⇄ RS + H+

還元反応 ↓

KSSK + RSH ⇄ KSSR + KSH  (1)

KSSR + RSH ⇄ RSSR + KSH  (2)

酸化反応 ↓

2KSH + O → KSSK + H2O

 (軽くめまいが!)

この 還元反応の

KSSR + RSH ⇄ RSSR + KSH  (2)

この反応が ほとんど起きていないらしく

SSの再結合が不十分になりやすいようです

髪の中はみえないけど理論上そうなるらしい

めまいがひどくなるので簡単に話を進めよう

結果 システアミンはパーマの持ちが悪い!

その他のデメリットは

システアミンは手荒れしやすいとか 残臭の問題などがあるが

それでも システアミンのプルンとしたカール特性は捨てがたい!

それじゃ 実際にやってみよ~う

って次回につづく・・・

f:id:GOIS:20161220232643j:plain

(爆)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)