肉眼には見えないけれど 髪の中では??

今日は美容師向けの記事!

一般の方は解らないところはスル~
お願いします(^o^)

本日も 坂口 です

現在の基本柱のパーマ理論

パーマに今、何が起こっているのか!

新パーマ理論とは

今までとまったく別で

特別な新しいものって訳じゃありません

美容師が 正しく理解し 正しい知識で

髪にパーマを あてましょ~って事です!\(^o^)/

 

パーマの基本式となってるのが

還元酸化化学式

還元剤 ↓

RSH ⇄ RS + H+

 

還元反応 ↓

KSSK + RSH ⇄ KSSR + KSH  (1)

KSSR + RSH ⇄ RSSR + KSH  (2)

 

酸化反応 ↓

2KSH + O → KSSK + H2O

これです

これって

随分前からわかっていたらしく

最近 新しく出来たものではないそうです

ただ単に 美容師がパーマのメカニズムを

S-S結合で理解できたつもりだっただけで

この意味を知っている人 解るひとが

美容師に少なかっただけ

現在ではもっと詳しい事が

解っているみたいですが

この式が現在のパーマの基本柱みたいです

じゃぁ 一つずつ頭に整理してみましょ

(1)KSSK+RSH⇆KSH+KSSR

この式

KSSKのKはケラチンのこと

SSはサルファイトとシスチンのことで

ケラチン(K)にくっいた

シスチン結合(SS)を表してます

このKSSKが分かれて

KSとSK(KSとSKは同じ物で表示が逆なだけ)

次のRSHは還元剤のこと

チオグリコール酸やシステアミンなどの

還元剤をひっくるめてRSHと表す

Rはチオール基と呼ばれる物を持ってる

還元力のあるのものです

そして このRSHがイオン化(陽イオンと陰イオンに分かれること)

RS(-)とH(+)に分かれます

どうでしょう~理解できました?

これを混ぜると

KS+HがKSH

これはシスチン酸

KS+RS(逆に書くSR)がKSSR

このKSSRが 混合ジスルフィドとかミックスジスルフィドと

呼ばれるもので

パーマーの後に髪の中に残留してダメージの原因になるんです

KSHとKSSRが式の右辺の部分の⇆KSH+KSSR です

じゃあ もう一度(1)KSSK+RSH⇆KSH+KSSR を見てみましょう

これは髪の中のシスチン結合に還元剤が入ってきます

すると還元剤がイオン化して

ミックスジスルフィドと

シスチン酸に分かれる

つまりパーマの1液をつけて一番最初に始まる反応です

そのあと

(2)KSSR+RSH⇆KSH+RSSR

この式の反応がおこるのですが

KSSRはミックスジスルフィドのこと

RSHは還元剤のこと

KSSRはイオン化した還元剤RS-とH+によって

KSSRがKSとSRに分かれ

KSとH+がくっつき

SRとRS-がくっついて

KSHとRSSRになります

これは(1)式のKSSR(ミックスジスルフィド)

にRSH(還元剤)が再度反応して

ジチオ(RSSR)とシステイン酸(KSH)に別れる

この

(1)KSSK+RSH⇆KSH+KSSR

(2)KSSR+RSH⇆KSH+RSSR

が還元反応を起こしている状態

肉眼には見えないけれど

髪の中ではこのようにして

SS結合が切れていきます

切られたSS結合はSHとなり

ワインディング等によって

ロッドに巻かれた形で

SとSがひっついてSSが再結合
(2KSH + O → KSSK + H2O)(酸化)する

ここは美容学校の教えどうりですネ(笑)

最後にシャンプー台で流しますが

この時にジチオ(RSSR)も一緒に流れていきます

そしてパーマの出来上がり!

まぁ 簡単に書くとこんなパーマの基本柱になってます

他にも 還元剤のことやミックスの残留などの事もありますが

また 気が向いたら書きますので今日のところは(●~*)

 

f:id:GOIS:20170412105456j:plain
熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1 
美容室  Red clover

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)