オーガニックコスメは安心・安全??

オーガニックと聞くと

「何か良さそうな感じ!」

食べ物はもちろん、化粧品に至るまで

オーガニックという魅力的な言葉が氾濫してます

 

こんにちは Redclover 坂口です

皆さんは「オーガニック」と言われると

どんなイメージを持たれますか??

  • 「自然」
  • 「健康に良い」
  • 「化学薬品が添加されていない」
  • 「低刺激」
  • 「優しい」
  • 「安心・安全」  

って感じで 

何だか とっても良い商品!!

そんなイメージ 先行しますよね(^^)

美容業界にも様々な商品がありますが

その中でも やたらと消費者ウケするのが

実はオーガニックと名の付く商品です

では この「オーガニック」と名の付くコスメ商品

実際はどうなんでしょうか…

 

 

オーガニックと聞くと皆さん

天然素材で無害のように思われがちですが

実は これはみなさんの勘違いで 

実際は全く関係ありません!(゚∀゚)

 

巷では 良いイメージが

先行してるオーガニック商品ですが

例えば オーガニックジャンプー

これって 何が良いんでしょうか?

オーガニックな物は

肌に優しいと思っている方も多いと思いますが

実はその反対で 天然の成分を使用した方が

肌へのリスクが上がっちゃったりするんです

ほとんどの人が オーガニックと聞くと

天然で肌に優しいっていうイメージですよね

普通はそうです でも これって

実は何の根拠も無いんです!

そもそもオーガニックとは有機栽培のことであり

もともとは 有機農法といって

科学肥料を使用しない栽培方法というだけで

「天然で自然な物」と言う意味では無いんです!

 

 

「オーガニック = 天然由来で肌に優しい」

ではどうして 

そんなイメージになってしまったんでしょうか…

 

オーガニックの安全性?

欧米などではハーブや野菜を

有機栽培(オーガニック)する事で

農薬や化学肥料を使うよりも安全で

環境や人間にやさしいと言った理由で進められてます

デメリットもあり 有機栽培した作物は

裁判に通常よりも手間がかかることから

野菜などでも 価格が跳ね上がりやすい

それがデメリットになります

 

食品に関していえば 

有機栽培(オーガニック)した物の方が

安全性が高く安心と言うことですね

では 

オーガニックコスメはどうなのか?

最近は自然志向の人が増えて

オーガニックと名の付くコスメ商品も

多く見かけます

しかし実は オーガニックなコスメ商品だから

肌に優しという根拠はどこにもないんです!

 むしろオーガニックの方がトラブルが・・・!

確かに「オーガニック」とは地球環境や

人間の食品としての安全性は高いのでしょう

しかし 

それは人が食べる物の話であって

肌に付ける物が天然成分だから

トラブルが無いという事にはならないんです

例えば

漆なんかは 触っただけでも肌が荒れますよね

ひどい人になるとかぶれたりします

天然の物なのにどうして…?

他にも 杉花粉やイネ花粉など

これもアレルギー(感作性)の人だと反応しますね!

多く配合すれば多く配合するほど

アレルギーリスクが高まります

天然の物でもこういったトラブルがあるのは

理解して頂けると思います

そして 日本でのオーガニックコスメは

特別な安全認証などがある訳ではなく

作ったメーカーが オーガニックだといえば

オーガニックコスメ商品で世に出せちゃう!(笑)

オーガニックっぽいエッセンシャルオイルを

一滴垂らしただけのコスメ商品でも

「オーガニックのコスメですぅ~~」と言って

販売できちゃう訳です

 

「オーガニック認証」なんて物もありますが

オーガニック認定組織みたいな所から

基準に見合った有機栽培で

育てられた植物に対して

オーガニック認証として

認定がなされてるようです

オーガニックの認証を受けているのは 

その商品に配合されている

エキスの元になる植物が オーガニックですよ~

って事なんですね(^^)

 

もちろん

本当にオーガニックと言える化粧品もあるにはあります

「植物エキス」や「植物油」を有機栽培して

厳しい基準をクリアして

認証機関で「オーガニック認証」を受けると

オーガニックコスメとの認定が付きます

 

オーガニックコスメは肌に優しいのか?

オーガニック=髪や肌に優しい・安全!

と思っている人が多い理由は 普段から

なんとな~く 化学合成物質が身体に悪い

と思っている人がいるからでしょう

しかし実際は オーガニック だからと言って

肌に優しい理由なんてのはありません

単純に「オーガニック」を使った

イメージ戦略 付加価値です!

美容製品は 本当にたくさんの商品があり

どれがどれか全くわからない状況です

他の商品と差別化するために

健康志向な社会に合わせて

オーガニック商品が出来あがり 販売の為に

付加価値とイメージ戦略をしてるんです

合成物質は肌に悪い!

天然の物じゃないと肌にトラブルが起きるよ~

ってね

 

合成物質は危険ではありません

理由は合成物質は構造を組み替えて

危険なものを取り除き

人工的にではありますが

安全性を高めて商品を開発してます

逆に 天然物質でも

危険性は否定できません

天然物 特に植物は根本的に

毒素を持っているものもあり

科学的に手を加えないために

その毒素も そのまま配合される

その為に エッセンシャルオイルなどは

基本的に配合量を 少量におさえて

毒素が悪さしないようにしてます

多くのエッセンシャルオイルに

皮膚刺激があったりもします

油に関しても 合成油脂は

酸化の心配がほとんどないけど

 

天然油脂は ほとんどが酸化耐性が低いです

「オーガニックだから肌に優しい!」

っていうイメージが

一人歩きしてしまっているんですね!

 

オーガニックは肌に優しいのでは無く

自然に優しい物で 

オーガニックコスメの効果や安全性は

低い場合もありますよォ~って事です

それでは またね~