髪のダメージは一通!

髪の毛はいろいろな原因で傷んでいく

そして 傷んだ髪の毛は

何をしても治らない!!

この原理・原則だけは変わりません

こんにちは~   

Red clover  坂口です

例えば

ノーダメージ髪の毛を100点満点として

仮に 髪のダメージを

点数で表すとすると

100点の髪にパーマをかけて-10点

ヘアカラーをしたらー10点

この時点で-20点となり

残り80点となります!

f:id:GOIS:20180310235336j:plain

そして最後に

サロントリートメントして

+20点で元の100点には

戻りません!!(ToT)

 

 

ダメージのない髪の毛を100点とすると

f:id:GOIS:20180310234702j:plain

健康毛100点の髪にカラーリングして

f:id:GOIS:20180310224714j:plain

10点マイナスされるとする

2ヵ月後に全体にまた

ヘアカラーを行なうとすると

根本の新しく伸びてきた髪の毛は100点だが

前回に染めてる部分は90点

f:id:GOIS:20180310224741j:plain

また全体に10点のマイナス!

これを2ヵ月おきに

繰り返していくとすると

f:id:GOIS:20180310225006j:plain

この時点で 毛先は

半分まで減点されることになる

カラーリングだけではなく

パーマやストレートが

間に入る場合もあるでしょう!

そうなれば 更に髪の点数は

マイナスが進む結果になる

現時点の美容界では

トリートメントなどを行うことで

点数が加点されダメージが

修復されるなんてことは

ありません!\(◎o◎)/!

髪のダメージは

マイナスに進む一方で

最終的に限界点を越えてしまう

f:id:GOIS:20180310234228j:plain

そして

限界を超えてしまった髪の毛は

チリチリ ボサボサ

自分じゃ扱えない状態です

カラーやパーマを続けていくために!

カラーリングにおいては

美容室で 根本部分と毛先を

しっかり塗り分け(リタッチ)

していくことで

f:id:GOIS:20180310230930j:plain

こんな感じィ~

塗り分けしてコントロールすれば

毛先に蓄積するダメージには

染めるたびに差が出ます

当然 毎日の生活の中でも

髪の毛は少しずつマイナスが

進んでいるけど

(紫外線、シャンプー、アイロンなど)

カラーリングだけで例えると

毎回全体染めるのとリタッチ染めでは

これだけ違いが出る

これならパーマやストレートが

必要になった場合も 十分に

余力が残っているので

許容範囲でしょ!(^o^)

「私は、カラーしかしないし

 いろいろカラーチェンジしたいんです」

ダメージよりもその時の仕上がりが重要視!

そんな方は全体染めでも止む終えないでしょう

しかし

「カラーもしてパーマやストレートもしたいんです」

そういう人はリタッチ染めが

オススメですね!

髪は有限!

足し算はできない!

やればやる程 引き算です!

この原理・原則だけは変わらない・・・

それでは またね~

f:id:GOIS:20170412105456j:plain
熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1 
美容室  Red clover

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)