ヘアアイロンの温度って?

毎日のスタイリングで

ヘアアイロンを使う人

f:id:GOIS:20171121043727j:plain

結構いらっしゃるんじゃ

ないでしょうか?

 

こんにちは~    

Redclover  坂口です

 

  

クセをストレートにしたり

逆に カールをつけたり

そんな時には

ヘアアイロンはとっても便利なモノ♪

皆さん

そんなアイロンの温度って

気にしてますか?

便利な道具なんだけど

ヘアアイロンが

髪に与える影響も

知っときましょ~!!

 

皆さんが使っている アイロンは

いろんなものがありますが

温度が 200°Cまで上がる

アイロンもありますよね…

f:id:GOIS:20171121043849j:plain

温度が高ければ髪の毛は

伸ばしたり 曲がったりし易い!

しかし

髪に直接 熱を当てるので

髪にとっては

正直 負担は大きいです

f:id:GOIS:20171121045426j:plain

髪の負担を考えると

できるだけ低い温度で

できるだけ短時間で

カールがついたり ストレートに

伸びてくれるのが理想ですね・・・

あまりに高い温度で

髪の毛を曲げ伸ばししてると

髪の毛も火傷します!

髪表面のキューティクルが

熱で損傷し 髪の中の

たんぱく質が熱で 固まってしまい

髪の質感がゴワゴワとしてきます

なので

アイロンの温度には

気をつけましょう

アイロンは 何°Cくらい?

ヘアアイロンでスタイリングする時の

温度の目安は だいたい一般的に

髪が乾いてる状態に

130℃~140℃くらいです

気をつけてほしいのが

乾かすのが中途半端で

まだ髪が湿ってる半乾きの状態で

アイロンいれるとか

巻き髪用のトリートメントミストなどで

髪を湿らせてからアイロンするとか

これは 絶対にNGです

髪は濡れている時が

一番デリケートなんです

そこに向けてに高温のアイロンとなれば

ジュッって! なりますよね

これは ダメです

髪はタンパク質でできていて

高温を加えると このタンパク質が

熱によって固まっちゃいます

これを

タンパク質の熱変性って言います

こうなると ダメージして

髪の質感はゴワっとなります

髪は濡れていると 低い温度でも

熱変性を起こしやすいので

アイロンは 必ず乾いてる髪に

使うようにして下さい

どのみち 髪が濡れてると

形はつかないので

アイロンの熱で髪が乾くまで

アイロンの熱を加える結果になるので

髪の負担はかなり大きい

ご注意を!

髪の毛が完全に乾いてる状態で

130℃~140℃くらいを目安に

f:id:GOIS:20171121044305j:plain

カールアイロンであれば

巻き込む髪の量や

巻き込んでる時間

f:id:GOIS:20171121044540j:plain

ストレートであれば

アイロンではさむ量と

スルーするスピードなどを

減らしたり増やしたり

遅くしたり早くしたりしながら

希望のスタイリングになる

自分のやり方を見つけて下さいネ!

f:id:GOIS:20171121044656j:plain

髪の事を考えれば

やっぱり温度が低いほうが

髪のダメージは少ない!

「できるだけ低い温度で
 できるだけ短い時間で」

っていうのが理想的です

スタイリングは毎日なんで

ヘアアイロンでのダメージリスクを

できるだけ減らして下さい!

それでは  またね(^o^)

 

 

f:id:GOIS:20170412105456j:plain
熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1 
美容室  Red clover 
TEL  0968-46-1688

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)