タオルドライがポイント

お風呂上がりに 髪を乾かすのって

めんどくさっ! って思うこと

ありますよね~ェ

ど~も~ GOIS です

f:id:GOIS:20170714234328j:plain

夏場は ドライヤーなんか

使いたくネェ~!

疲れていてグッタリしていると

「もういいや 髪の毛 濡れてるけど眠い……zzz」

なんて事やってしまいがちですが

髪が濡れたまま眠りにつくのは

髪にも頭皮にも よくないんですぅ!

髪が濡れたまま寝てしまうと

髪に思わぬダメージを与えちゃうんです

 

 

 

濡れたまま寝るとNG!!

まずは 髪が濡れたままで寝ると

風邪も引きやすい!(爆)

その他にも

・髪の毛が傷みやすい

髪は水分を含んでいると ダメージを受けやすい状態で

過度なコーミングなど外部からの摩擦により傷みます

濡れたまま寝ると枕などでも擦れて

髪に負荷をあたえます

・寝癖がガッツリ!

人それぞれの髪質によっても違うと思うけど

髪は乾く時に最も癖がつきやすい!

寝ている間に髪が乾き出し形が付くと

酷い寝癖になります

結果 寝癖を直す手間が増える (^_^;)

・雑菌が繁殖する

寝ている間に蒸れた状態になり

雑菌が繁殖しやすい頭皮環境となり

よくない状況を作ってしまい

「匂い」「かゆみ」「頭皮炎症」

などの原因になります

面倒だと言いながら濡れたままの状態でいると

こういった弊害もあります

では 少しでも早く髪を乾かす乾かし方を どうぞ~

教えます!髪の毛を早く乾かすテクニック

大げさにテクニックとか言いましたが

特別なものは必要ないです(笑)

乾いたタオルと風力が大きいドライヤー

この2つがあれば基本的に大丈夫!

f:id:GOIS:20170714234615j:plain f:id:GOIS:20170714234645j:plain

「単純に ドライヤーを使う前に少しでも早く乾かすため

タオルを使い水分をしっかりふき取る!」

お風呂から出たら まずタオルで頭を拭いていく

これは大切なことで 頭皮を中心にしっかりと水分をふき取る

シャンプーをするようなイメージで

頭皮をしっかりタオルドライする

頭皮と根本が濡れていると効率よく乾きにくい

根本部分が拭き取れたら 毛先に移りますが

毛先は髪をタオルで挟むように包んで

両手でポンポンと軽く押さえて水分をタオルで吸いましょう

しっかり水分を取る事が重要です

乾いたタオルを2枚程使うと 水気を吸いやすいです

f:id:GOIS:20170714235524j:plain

そして ドライヤーですが 根本の方から乾かしていきます

タオルドライがしっかり出来てると乾きが早いです

風力が大きいドライヤーがやはり乾きが早いので

自身のストレスが少ないです

ドライが完了したら 最後に冷風をあてて熱を取ります

髪を早く乾かせるようになると

ダメージの予防にもなり

自然と髪のコンディションも保てます

傷んでくると髪の毛が水分を吸い込み易く

余計に乾きづらくなり

余計に時間がかかる事になります

髪の毛を守るため 早くしっかり乾かすことを

おすすめします!・・・では

 

 

 

f:id:GOIS:20170412105456j:plain
熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1 
美容室  Red clover

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)