髪のターンオーバーは??

f:id:GOIS:20170523013819j:plain

髪は死滅細胞、1度傷んでしまったら治らない

何回も書いてるけど これ大前提!!

本日も GOISです こんばんは~

毛髪は爪と同じように

皮膚の付属器官で本質的には皮膚の一部で

単に皮膚の上に生えているのではなく

皮膚が形状変化したものなんです

皮膚が形状変化したものとは言っても

血管も神経もなく 損傷しても

自己修復や再生などをする事は無い

皮膚は ターンオーバーしながら

古い皮膚はと新しい皮膚が絶えず入れ替わっているため

怪我なども自然治癒で新しい皮膚に生まれ変わる

髪の場合は 根元から成長していくだけなので

毛先が古い髪の毛となっていく

皮膚のようにターンオーバーはしないので

古い髪と新しい髪をが入れ替わることはありません

だから髪の毛は いろんな要因で毛先にかけて

体力を削られている つまり傷んでるんです

 

髪のダメージはいろんな外的要因によって負荷がかかり進んでいく

カラーやパーマ 縮毛矯正だけじゃなく

毎日のドライヤーやカールアイロンなどの熱

そしてシャンプーやブラッシングの摩擦など

一回、一回は微々たる負担だけど

少しずつダメージしていってる

トリートメントなどで手触りをごまかしても

ダメージが治ったりする事はない

ダメージした髪の毛は カットする事で

リセットする事はできるが

ロングを維持したいとなれば

カットしまくる訳にもいかなくなる

だから なるべく髪のダメージを

 

少なく抑える事が何より大切なんです

 髪の毛は減点されてい傷む

生えてきたばかりの健康な髪の点数が100点と仮定する

ヘアカラー・・ー10点
ブリーチ・・・ー30点
パーマ・・・・-10点 ~ ー20点
縮毛矯正・・・ ー30点

こんな感じで、各ダメージを数値化してみる
100点満点の髪の毛からマイナスポイント引いていく

例えると

美容室で毛先まで健康な髪の毛にパーマをやったら

100-10=90

翌週に全体にヘアカラーをやったら

90-10=80

80点が髪の毛に残った体力・・・

別例

3ヵ月前にストレーパーマをかけて、今日は毛先までケアカラーすると

3ヵ月前のストレートが・100-30=70

今日のヘアカラーで・・・70-10=60

(髪の毛が1ヵ月1cm伸びると仮定して)根本3cmが100-10=90

図にすると

f:id:GOIS:20161104144050j:plain

こんな考え方が減点法!

ダメージの数値は ゴイスの独断でわかりやすく数値化しただけ

髪の毛は100点の状態で生えてきて

何かの要因で常にマイナスされていく

美容室のパーマ・カラーだけじゃない

毎日のシャンプーでも  -0.05

毎朝のブラシ使ったブローで -0.1 アイロンの巻き髪で -0.3

こんな感じで少しずつ削られる

美容室で行う施術 カット・パーマ・カラー等

おしゃれする為に必要な事が

髪の余力を削っていく

だから美容師は お客さんのおしゃれしたいの要望に応え

髪を美しく魅せるために

髪の毛のダメージを最小限削できる技術を 常に模索していきます

それが一番大切だから

綺麗な髪を手に入れる為に

  • 担当美容師の技術力
  • 毎日のブローやアイロンスタイリング
  • 間違ったホームケア(シャンプートリートメント)

この3つを正しく行い

髪の体力をなるべく削らないようにすれば

髪は良いコンディションを保ってくれます \(^o^)/

 

f:id:GOIS:20170412105456j:plain
熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1 
美容室  Red clover

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)