ドライヤー? 自然乾燥? 

髪を乾かすのってロングだと大変で面倒くさい!

だからいつも 自然乾燥~ォ!!

夏が近づいてくるとドライヤーなんて億劫!

つい自然乾燥しちゃいます

そんな人は 御用心!!

こんばんは~ GOIS です

仕事から疲れて帰ってきた日の

お風呂上がりや 暑い夏のお風呂上り

f:id:GOIS:20170511231432j:plain

そんな時、髪の毛をどのように乾かしていますか?

     ドライヤー? 自然乾燥? 

      どっち!

ドライヤーを長時間使って乾かし過ぎたりして

熱や乾燥が髪や頭皮に負担をかけるのは好ましくない

かといって 自然乾燥で乾かすのは

もっとNGです!

濡れているときの髪は とても無防備な状態で

髪の表面の『キューティクル』が開いている

普段閉じているキューティクルも

濡れているときには開いているので

外部からの刺激でより過敏に影響を受けてしまい

髪がダメージを受けやすくないます

濡れた状態で髪が摩擦などを受けると

キューティクルへのダメージも大きい

その結果 切れ毛や抜け毛 枝毛などに繋がってしまう

頭皮や髪が湿ったままの状態が長い自然乾燥だと

頭皮や髪の毛で細菌が繁殖して異常に増えてしまう

空気中にはさまざまな細菌が漂っているので

当然その菌も付着しやすくなり

頭皮や髪の毛が生乾きで湿度があると

雑菌の繁殖に うってつけの環境なので

さまざまなトラブルの原因となりやすい

雑菌が増えると頭皮の痒みや炎症などを起こしたりするし

洗濯物が生乾きと 同じ様な現象で

イヤな臭いの原因にもなりやすい

正しく髪を乾かす

では 実際どんなふうに乾かせば良いのか?

ポイントは タオルドライドライヤー

効果的に使い乾かす!

まず タオルドライなんですが

根本から毛先に向かって両手で少ししぼるよう水気をきり

髪をタオルで包むように髪を挟み 手でポンポンと軽くたたき

水分を取っていく(こするのはNG!)

このタオルドライを丁寧におこなっておくと

ドライヤーの時間短縮になるので

しっかり水分を落とすのがポイント!

そして ドライヤーは根元から乾かし 内側から外側に

根本から毛先にドライヤーを向けて乾かすと素早く乾きやすい

乾かし方をまとめると

タオルドライ時には 濡れてるキューティクルは

摩擦に弱いため髪をこすりあわせないことが大切!

そして ドライヤーは頭皮や根本から乾かすようにすること

根本が乾いていくと 熱の伝導により毛先も乾いてきます

最後に温風の後でスイッチを冷風にして全体にあてると

過剰な乾燥を防ぎ 熱で開いたキューティクルを閉じて

髪に自然な艶を出してくれる

洗った後 できるだけ早い時間で

しっかりと乾いた状態にしておけば

雑菌の繁殖も抑えます

髪のダメージを拡大させないために

早めにキューティクルを閉じてあげることが大切です

面倒だからと自然乾燥な~んて言ってると

髪の毛は過酷な環境になってます

f:id:GOIS:20170511231636p:plain

タオルドライとドライヤーを

効果的に使い素早く乾かして 

ダメージや雑菌から髪を守りましょう♪

 

f:id:GOIS:20170412105456j:plain
熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1 
美容室  Red clover

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)