ヘアアイロンは使い方しだい

世の中には たくさんの

便利アイテムがありますよね

しかしそれは 使い方次第で

良いモノにも 

悪いモノにも 

変わっちゃうってこと

ありますよね!!

 

 

こんにちは 坂口です

 

 

髪に関しては ブラシなどを使って

ブローしたりするのがとっても苦手!

なので

クセっ毛をストレートにしたり

逆に カールをつけたりしたい時は

ヘアアイロンはとっても便利なモノです♪

毎日のスタイリングには

欠かさず使用している人も多いはずで

とっても 便利なアイテムですよね~

 

 

 

毎日のスタイリングに欠かすことが出来ないヘアアイロン!

 

髪の毛を 曲げたりストレートに伸ばしたり

元の髪から大きく変化させる事が出来ますが

その分 髪にも負担がかかります!

そのため ヘアアイロンを使ってる方には

正しい知識を持って使用し

髪の負担を減らしてもらいたいんです!

イメージでは

生たまごをフライパンで焼くと

白身も黄身も固まりますよね?

それと同じように 髪の中のたんぱく質も

熱を加えることで固まり硬くなります

 

高い熱をあたえることで 

髪の内部のタンパク質が変性してしまう

これが 髪の毛が熱によって

ダメージする原因です

 

熱によるタンパク変性とは?

 

では その熱変性は

およそ何℃で起こるの?

タンパク質の熱変性・低温変性

タンパク質は高温になると変性する。
これは熱変性と呼ばれる。
加熱するとタンパク質の一次構造が
変化することはほとんど無いが、
二次以上の高次構造は崩れやすい。

約60℃以上になると、周囲に軽く結びつき
水和状態をつくる水分子が振動し
高次結合部分が解け、細長い状態になる。

さらに内部に封じられた疎水部分が露出し、
他のポリペプチドの露出部分と引き合い、
全体に詰まった状態になる。

通常は透明で液状の卵白が、加熱されると
白い固形に変化するのはこの原理からである

また、低温でも変性を起こすが、通常のタンパク質が

低温変性を起こす温度は0 ℃以下である。

~wikipediaより~

 

 

60℃! ろくじゅ〜ど!

目安ですが 通常一般的な髪の毛が

熱変性するとされる温度は

乾いている状態で 130℃~

濡れている状態で 60℃~

髪は濡れていると 低い温度でも

熱変性を起こしやすい

 

 

半乾きだったり ミストなどで

濡れた状態のまま ヘアアイロンを使うと

例え温度が100℃だったとしても

濡れてる髪の毛は変性が起こりやすくなります

ヘアアイロンで スタイリングする時は

必ず乾いてる髪に 130℃前後くらいを

目安にしてスタイリングして下さい

髪の毛を巻き込んでる時間を

できるだけ短めにして 

希望の形になるやり方を見つけて下さい

(巻き込む髪の量と巻き込む時間)

 

アイロンの設定温度を

130℃で使用しても

実際に髪の毛の温度が 

一瞬で130℃になったりはしませんので

安心して下さい

しかし だからといって

ずっと同じ場所を巻き続けていたら 

余裕で限界越えしちゃいます(汗)

気をつけて使いましょう!!

 

毎朝 スタイリングで

ヘアアイロンをお使いの皆さん!

あなたのアイロン温度は 何℃ですか?

「いつも全開の180℃~!」って方は

使い方を間違えちゃうと

焼け切れちゃう\(◎o◎)/!

なんて事もありえます・・・

くれぐれも 取り扱いにはご注意下さい!

それでは  またね(^o^)

 

熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1

☎  0968461688

LINEで送る
Pocket
はてなブックマーク - ヘアアイロンは使い方しだい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)