化粧水は たっぷり塗ってしっかり浸透??

スキンケア化粧品のCMなどでは

よく「肌の奥まで浸透」って

宣伝してます

TVや雑誌では浸透して なんぼ

浸透するのは当然みたいに!

消費者側からすると 化粧水は

たっぷり塗ってしっかり浸透

って思いますよね

しかし 実際には

この「しっかり浸透」って単語が

消費者の誤解を促してるんです\(◎o◎)/!

 

こんにちは~ 坂口です

 

浸透することを謳っている

化粧水の説明をよくてみると

たいがい補足で 画面の角の方に小っちゃく

「角質層まで」みたいに

書かれてたりします(笑)

 

 

角質層って?

 

肌の断面のイラストですが

人間の皮膚は 外側に表皮

その下の真皮 一番奥に皮下組織の

3層からできています

 

 

真皮はハリや弾力のもとになる

コラーゲン線維や

エラスチン線維でできていて

プルンとしたハリのある肌を保つには

この真皮の中の細胞が重要になります

表皮は真皮を体の外側から守る

バリヤのような働きをしています

 

基底層で作られた新しい細胞が

表皮の外側に向かって

だんだんと押し上げられ

角質層で角質細胞に変わり

垢(あか)となってはがれ落ちます

これが肌のターンオーバーです

 

 

そしてその 表皮の

一番外側にある部分が「角質層」

この「角質層」の厚みは なんと

サランラップ1枚くらいの薄さです\(◎o◎)/!

角質層って

実はこんなに薄いんです 

 

 

本題に戻しますが 化粧品での浸透とは

角質層に化粧品の成分を行き渡らせること

あくまで 皮膚表面の

角質層にしか浸透はしません

 

肌は 外部から乾燥や刺激から

身体を守る為の器官であり

栄養や有効成分を皮膚に

吸収する器官ではありません

そのため 肌のハリや弾力を左右する

真皮部分まで成分が浸透することは

ありません フウ((((。(´°Α°`)。))))ェェ

 

化粧品登録の商品には

薬機法よって化粧品は角質層より

深く浸透しては行けないという

決まりがあります

もし成分が真皮まで

「しっかり」「奥深く浸透」したりすれば

それは化粧品じゃなく医薬品

もしくは医薬部外品?ってことです

 

では ラップ1枚分くらいの角質層に

化粧水が浸透しはたして効果はあるのか?

角質層は髪の毛や爪と同じように

「ケラチンたんぱく質」でつくられていて

ケラチンは水分を保水する部分があるので

化粧水などで一時的に水分が保水されると

肌に潤うことでコンディションは上がり

効果はあります

 

しかし 化粧水が肌に

ぐんぐん浸透したように感じても

実際は 角質層のケラチンに

水分を含ませているだけで

ハリや弾力に関係のある

真皮には浸透したりしてないので

ハリや弾力には

全く関係ありません

 

肌の表面には作用するが 肌の奥には

浸透しないってことなんです

先述しましたが

浸透しないのは理由があります

まず「皮膚」というものは

外部の物が体内に侵入してこないように

体内を守る「バリアー」なんです

例えば お風呂に浸かっていて

肌にお湯がどんどん浸透してしまったら?

海に入って肌から塩水が吸収されたら?

太陽の光を肌が通してしまい

肌の奥に紫外線が刺激を与えていまったら?

そうならないように

肌のバリア機能が働きます

化粧水なども同様で

肌の奥には入らないのが当たり前で

当然の事です

ココまで解ると

逆に 肌の奥深くまで

化粧品が浸透してしまっては

問題ありですね!

浸透するって事は 肌のバリヤ機能が

無いってことになりますから(汗)

だからスキンケア化粧品は

「角質層まで」というのが本当で

あくまで肌の外側から

肌の潤い不足を防ぐもの!

肌の奥まで浸透して 成分が

もちもち肌を作り出してる訳では

ありません

これが事実なんです・・・

肌の奥深くって宣伝は

角質層までです、、、

それでは またね~

 

熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1

☎  0968461688

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)