白髪が生えないようになる??

歳を重ねると共に 

目立ちはじめる白髪!

見た目にも必要以上に

老けて見えてしまったりして

なかなか受け入れがたいものですね

ヘアカラーで定期的に染めても

伸びた白髪がチョットでも見えると

気になってしょ~がない!!

白髪が生えないように

ならないものかなぁ~!

 

 

こんにちは~  坂口です

 

 

医学分野で「ゲノム編集」と呼ばれる

遺伝性の疾患を持つ患者に由来する

IPS細胞(疾患IPS細胞)の

遺伝子を改変し 正常な状態に戻してから

患者に移植する

再生治療(遺伝子修復治療)が可能になり

世界中で注目されていて

海外では急速に進んでいるようです!

 

ザックリ説明すると

遺伝子を改変して遺伝性疾患を修復し

再生医療用の細胞を作る技術のようです

白髪の話に戻しますが

男女問わず 皆さん白髪は悩みの種です

学術的に 白髪は『色素幹細胞』の

機能不全が原因とされてます

じつは この白髪の悩みが 

解決する日が来るかも??

数年前 ロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ

遺伝学研究所の研究チームが 

髪を白くする「IRF4遺伝子」を

世界で初めて特定したと発表しました

「IRF4遺伝子」は 毛母細胞の中の

メラニン色素に影響をあたえ

白髪にしてしまったり 毛髪の色に

大きく関係しているメラニン色素の

生成などに関係している事が

解明されました

将来的には このIRF4遺伝子と

他の遺伝子との相互作用や

メカニズムの解明が進み

白髪に対する治療法や

白髪になりにくくする商品の開発が

可能になるでしょう

 

更には 髪を白くするIRF4遺伝子の

DNA配列を「ゲノム編集」により改変し

遺伝子を操作すれば

白髪そのものを

生えてこないようにすることも

可能になる日が 

来るかも知れません\(◎o◎)/!

(クリスパー・キャス・ナインと呼ばれる技術)

 

髪の毛以外でも様々な治療や分野で

研究が進んでる遺伝子の編集・改変技術ですが

 

遺伝子そのものを操作して

効率よく遺伝子をデザインするという事は

「神の領域」に迫るテクノロジーで

DNAに刻まれた情報を好きなように

変える事が可能な技術なので

もし 人間の受精卵に高度なゲノム編集を行えば

容姿や体型、運動神経、知能、性格など

どんな人間でも作れる

「デザイナーベイビー」ってのが

可能になってしまうらしいんです!!

 

しかし この技術には倫理的な問題があり

世界の研究者の多くが

「人間ではやらない」ってことです

 

 

人の受精卵ゲノム編集、中国で実施 倫理的批判も :日本経済新聞

 

 

人間の遺伝子を操作する「ゲノム編集」は

まだまだ世界中で議論がなされていますが

世界の医療分野では治療としての

効果を発揮してる事例もあります

こうした技術は 使う側の人間の問題で

良くも悪くもなります

この技術が進歩していき悪用されること無く

良い方向に使われる事を願うしかありません

その先には

白髪染めしなくてもいい時代が

来るのかもしれません!

 

それでは  またね(^o^)

 

熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1

☎ 0968461688

LINEで送る
Pocket
はてなブックマーク - 白髪が生えないようになる??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)