黒にするだけだから。。。

先日 黒染めをして その後

ヘアカラーで明るく染めなしたら

思うように明るくならずに

失敗してしまった!

そんなご相談のお客さんが

いらっしゃいました(汗)

こんにちは~  坂口です

 

就活や実習など 何かしらの理由で

一時的に 髪の毛を

黒く染めないといけない!

そして 黒にするだけだから

市販の黒染めで自分で染めちゃう!

そんな方も いらっしゃると思います

しかし 家で黒染めするのだけは

やめた方が良いです!!

黒くするだけなら

自分でも できそうだし

お金もかからないし簡単そう!

そう思われがちですが

黒染めを使うと

その後に影響があり

また髪を明るくしようとする時は

ヒジョーに厄介なんです(汗)

黒染めを落として 

髪の毛を明るくしたくても

出来る場合と

できない場合があります

黒染めした時に

どんな薬剤を使い

どんな塗布のやり方で

染めたのかにもよりますが

根本の新しく伸びていた(元の黒髪の部分)まで

黒染めしてる髪の場合は

全体的に均一に明るくすることは

かなり厳しいと思われます

地毛の黒髪の部分から

明るくなってる毛先まで

まとめていっしょに黒染めしてしまうと

その地毛の黒髪だった部分だけ

暗い染料が残ってしまいやすく

色ムラが出来てしまいます

セルフで黒染めしたりすると

地毛の黒髪と明るくなってる毛先の

塗り分けが難しくほぼ根本から毛先まで

染める形になると思います

後々 明るくしたい時には

色ムラが出来ることは

考えておいた方が良いです

黒く塗りつぶしてしまう黒染めでも

後々 明るくしたいと思ってる人は

黒い地毛と 

明るくなっている既染毛の

塗り分けが大事になってきます

サロンで黒くトーンダウンをする場合は

黒染めをする前の髪の毛の明るさは

みんなバラバラなので

美容師が現状の髪の色を把握して

どれくらいの染料を使用すれば

地毛に近い黒髪になるのか計算して

ヘアカラー剤を調合します

その後 明るく戻したいのであれば

その後の事も考慮して薬剤調合します

それに対して 市販の黒染めは

使う人の髪の明るさがどんな状態で

どれくらいの明るさの髪を

黒に染めようとしているか

メーカー側からは

商品を作る段階では解りません

なので

どんなに明るい髪色から染めても

キッチリ黒に染まってしまうように

染料がとても濃く調合されてます

セルフカラーで

ムラなく黒染めできたよう見えても

実は 中身はムラだらけで

真っ黒だから 人の目ではこのムラが

見えないだけなんです

時間がたつにつれ 染料が褪色し

少しずつ茶色になったていきますが

それと同時にこのムラも

目に見えるようになり

その後のヘアカラーする時にも

いろいろと影響を及ぼします

明るい髪から→暗い髪に染めて→また明るい髪に!

こんなパターンは

地毛の黒髪を明るくするようにはいきません

思ってる以上に難しいのが現状です

黒に染めるだけのヘアカラーでも

そんなに単純ではないんです

「簡単ホームカラー」なんてのが

販売してありますが

ヘアカラー簡単に考えちゃダメなんです

黒染めする時は

担当の美容師さんに相談して

後々のプランまで考えておく事を

オススメします

それでは またね(^^)

 

 

熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1

☎ 0968461688

LINEで送る
Pocket
はてなブックマーク - 黒にするだけだから。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)