髪の毛にとって温泉は ちょっと注意が必要です!

日に日に寒くなり 冬が近づくのを

感じるようになりましね

体が冷える日々が多くなってくると

恋しくなりませんか?

温泉♨

 

こんにちは~ 坂口です

 

僕は温泉で 冷えた体を温めて

体をリラックスさせると

すごく爆睡できます(笑)

地元が昔っからの温泉街なんで

近場にたくさん温泉があり

早朝から深夜迄 好きな時間に

温泉に入ることが可能です(ありがたや~)

 

ウチのお店のお客さんにも

温泉が好きな方が結構いらっしゃいます。。。

温泉は 男女問わず人気があり

温かいお湯に入ると

気持ちがいいもんです

 

女性に関しては

美肌効果なんかも期待できるし

良いことばかりです

しかし 温泉で髪を洗ったら

「キシキシ」「パサパサ」な~んて経験

皆さんありませんか?

 

じつは 髪の毛にとって温泉は

ちょっと注意が必要です!

温泉は PH値の違いで

「酸性」「アルカリ性」「中性」

3つ分けられます

弱アルカリ泉なんかは

よく「美肌の湯」なんて言われます

アルカリ性の温泉は

肌にとっては とても良いんですが

これが髪の毛となると

ちょっと事情が違ってきます(^_^;)

 

 

髪の毛のPHが 通常は弱酸性の状態なので

アルカリ性の温泉で濡らすと

弱酸性の状態からアルカリ性に

傾いてしまいます

肌も髪と同じように通常は

弱酸性なんですがアルカリ性に傾きます

肌に関しては 温泉から出ると

アルカリ性に傾いた肌は

自分の力で弱酸性に戻るように

活性するので弱酸性に戻ります

アルカリを中和する機能が

肌には元々備わってます

 

しかし 髪の毛は肌と違い

アルカリ性に傾くと自分で弱酸性には

戻ることが出来ないんです!(汗)

だから 頻繁に温泉で髪を洗っていると

髪の毛はず~っとアルカリ性のまま!!

って事になります

 

アルカリに傾いたままの髪は

キューティクルが開き

かみにとっては不安定な状態で

非常に傷みやすく

ヘアカラーの色落ちも進みます

髪の毛はアルカリ性の状態だと

強度も保つ事が難しくなり

結果 傷みに繋がるんです

 

ではアルカリ泉とは逆に

酸性温泉であれば良いのか?

って疑問になりますが

酸性は 髪の毛を収斂する(ひきしめる)

性質があるんですが 酸性が強過ぎると

過剰に収斂して カッサカサの

ギッシギシ状態になってしまいます

更に 鉄分やミネラル成分の多い泉質や

硫黄の泉質は髪に付着するものも多いので

こちらも注意した方がいいでしょう

 

髪の毛は ちょっとした

PHの変化に左右されてしまい

自分では安定した元の状態に

戻れないんです

 

日本の温泉ではアルカリ泉が

圧倒的に多くアルカリ性の温泉は

肌なんかは つるつるして気持ち良いです

ただ 髪の毛には そのアルカリが

デメリットになります

 

温泉以外でも 海水やプールなど

いろいろと髪に影響するものはありますが

何でもかんでも「ダメです✗!」

なんて言ってると 生活できないんで

豆知識くらいな感じで 頭のすみに

覚えておけば良いのではないかと・・・

 

ブログの読者さんで もし

温泉が好きで頻繁に通ってる!

そんな人がいらっしゃったら

髪の毛は普通のお湯で洗って下さい

これ美容師からのお願いです(^^)

 

それでは またね~

 

 

熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1

☎ 0968461688

LINEで送る
Pocket
はてなブックマーク - 髪の毛にとって温泉は ちょっと注意が必要です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)