香りが強いと害になる?

香りに害と書いて

「香害(こうがい)」

最近は 新しい公害として

香水などの香料を原因とする

香害!! が

問題となってるようです

 

こんにちは~ 坂口です

 

衣類の柔軟剤などの臭いで

頭痛やめまい 吐き気など

体調不良を訴える人が増え

悩まされているようです

柔軟剤は10年程前から

海外製の香り付き柔軟剤が流行りました

◯ウ◯ーなんてのがありましたね

 

日本のメーカーも相次いで

同様に香りを重視した商品を打ち出し

なかには 柔軟剤と別に 

衣類に香りだけを付ける

粒状の商品なんかもありますね

 

世の中は香りブーム?

 

香水や柔軟剤 シャンプーなどの

香り好む人がいる一方で

この強すぎる香りで

気分が悪くなる人もいらっしゃいます

 

確かに 

シャンプーやトリートメントでも

『香り』を重視される方は多く

香りを髪の毛に残し

その香りを保つ事が重要視され 

香りがキツすぎて 

芳香剤みたいなシャンプ―も

有るとか 無いとか?(笑)

その反面 強すぎる香りの

元になってる化学物質に対して 

アレルギー反応が出てしまう

「化学物質過敏症」と呼ばれる

香料アレルギーがありますが

この「香りブーム」の影響で

アレルギーを訴える人が

増加傾向なんです\(◎o◎)/!

 

 

香料による主なアレルギー症状は

  • 咳、喉、鼻の症状
  • 動悸・めまい・吐き気
  • 手足の冷え、しびれ
  • 頭痛
  • 睡眠障害

などがあるようです

 

香りが原因の化学香料によるアレルギーは

まだまだ 一般的には認知度が低くく

症状を訴えても 周りの人も

受け入れにくい場合もあるようです

「化学物質過敏症」や

「香料アレルギー」などに対する

周囲の認識もこれから

大切になってくるでしょう

 

アレルギーの発症原因としては

その化学物質に対して

体が受け入れる限界値を超えると発症します

花粉症などと同じような感じですね

 

そう考えると

あまりにも香りが強すぎるのは

アレルギーリスクが

上がってしまうんじゃない?

って思うのは

僕だけでしょうか、、、(汗)

 

匂いの防御

アレルギーも持ってる人は

香りを完全に防ぐ術は

なかなか無いでしょうから

近くにいる人が 

香料の強い服を着ていたり

香りの強い 香水やシャンプーを

使ってたりすると影響を受けることも

ありえます

 

強い香りの商品で

体調不良などを訴える声は

学校などからも寄せられているようで

少なからず 子供世代にも

影響が出てるようです

新種の「香害」問題は

思ったより深刻かもしれません

 

柔軟剤や香水をはじめ

洗剤やシャンプーなど

香ることがメリットであるかのごとく

宣伝されていますが

香りなどは 

個人個人で感性が異なるもので

いい香りと感じる人がいれば

不快に感じる人もいる訳です

 

こう考えると 強い香りで

意図せず「加害者」になっている

そんな場合もあるわけです

将来的に アレルギー予防として

香りの吸い過ぎに注意!

なんて事もあり得るのかも、、、

 

 

これからは

アレルギーを持ってる人も

アレルギーじゃない人も

香りに対しての

新しい認識が必要のようですね!

 

それでは またね(^^)

 

熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1

☎ 0968461688

LINEで送る
Pocket
はてなブックマーク - 香りが強いと害になる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)