トップスタイリストが一番上手?

全国には 

たくさんの美容室がありますね!

 

それこそコンビニや 信号機よりも

美容室の数は 多いらしく

お店の営業スタイルやメニュー展開も

各店サマザマです

 

こんにちは~ 坂口です

 

そんな美容室ですが 都会の大型店舗などでは

○○スタイリストとか 〇〇ディレクターとか

なんか凄そうな 肩書きが付いてる美容室があります

パッ!と思いつくものだけでも

  • アートディレクター
  • ディレクター
  • トップスタイリスト
  • スタイリスト
  • ジュニアスタイリスト
  • カラーリスト

こんなのをよく耳にしますね

実に多くの肩書きに分かれたりして

一般の人からすると

正直 解りにくい!

って感じじゃないですか?

 

ディレクター、トップスタイリスト、ジュニア…

なんかよく解りずらい この肩書によるランク付け

これらは そのお店お店の独自なもんで

全国的な公式ランクではないんで

そのお店、店舗内での

”称号”のみたいなもんですね

店舗では 責任者的な人

(例えば店長とか)がいるのは 当たり前ですが

複数の店舗展開をしてる美容室や大型店舗の

スタッフが多いお店でよくある

美容室の肩書きのランクは

あくまで そのお店独自のもので

「アートディレクターだから一番うまい」

とか

「トップスタイリストだから一番うまい」

とか

な~んていうのは

美容室ごとに違いがあります

 

こうしたランク付けは

一般のお客様からすると なんとな~く

スタイリストとトップスタイリストなら

トップスタイリストの方が上手なんだ!

心理的にうえつけられます

 

一昔前に 流行った

カリスマ美容師に似たようなもんで

カリスマって呼ばれてると

「なんか 凄いんだア!」って

思っちゃいますよね(笑)

 

まぁ ウチみたいなローカル店舗なんか

そんな称号なんか

まったくありませんけど!(笑)

 

担当する美容師が

カットしたりパーマかけたりして

スタイルを提供するわけですが

上手いかどうかを

最終的に判断するのはお客様です

 

技術力だけでなく

”お客様の好み”もあるので

アートディレクターがカットしても

お客様の好みでなければ

お客様にとっては下手ってことになります

 

高級和食料理が

美味しいと感じる人もいれば

定食屋さんの和食が

美味しいと感じる人もいます

 

人によって好みも違いがあり

合う・合わない があるんです

なので 必ずしも

ランクが高い=上手い とは

限らないってわけです

 

いつもディレクターや

トップスタイリストに

担当してもらってるけど、、(なんか?イマイチ)って人は

早く自分に合う美容師さんを

見つけて頂きたいです

 

肩書は後からついてくるようなもので

肩書は お客さん相手に

前面に押し出すようなもんじゃ無いんです!

 

僕らは 肩書きで

仕事をしてるんじゃないですから~(^^)

 

今日は そんな美容師のランク制を

記事にしたブログがあるので紹介します

上田啓太氏が運営されている

『真顔日記』というブログなんですが

ブログ記事に

「美容師が悟りをひらくとどうなるか?」

って記事があります

メッチャ面白い! 

 

ぜひ読んで見て下さい

~『真顔日記』から引用~

十年前、まだ美容院に行っていた頃のこと。

その美容院は大きなところで、数十人の美容師が在籍していた。

だからなのか、ランク制をとっていた。

いちばん下っ端は普通のスタイリスト、

すこし偉くなるとトップスタイリスト、

その上にはサロンディレクターがいて……という感じだった。

続きをどうぞ ⇓⇓⇓

 

 

(笑)

 

それでは またね~(^^)

 

 

熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1

☎ 0968461688

LINEで送る
Pocket
はてなブックマーク - トップスタイリストが一番上手?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)