シャワーのNGとは

多くの人が憧れる サラサラヘア!

艶のあるキレイな状態を保ちたい!!

f:id:GOIS:20180910094235j:plain

こんにちは〰 坂口です

パーマや ヘアカラーを

してない髪だとしても

髪の毛は 日常の生活の中でも

負担が加わり少しずつ傷んでるんです

紫外線や毎日のシャンプーなど

致し方ない影響はあります

毎日 当たり前に行うこのシャンプー!

ちょっと改善点があるかもです、、、

ランキングに参加してます

にほんブログ村 美容ブログへ

おねがいします(*^^*)

皆さんは お風呂の時の

シャワーのお湯の温度は何度くらいですか?

f:id:GOIS:20180910094342j:plain

夏と冬では ぬるめだったり 熱めだったり

そんなかんじでしょう

そんな何気なく浴びてるシャワーにも

髪に適した温度と

あまり適してない温度があります

髪を洗うときに

シャンプーをつけて洗うのも大事ですが

それよりも意識してほしいのが

しっかりとシャワーを使い

濯ぐことです(予洗い)

シャンプー前の濯ぎで

髪と頭皮の汚れは7割くらいは落ちます

シャンプーが無くても汚れの半分以上は

よく濯ぐことで落ちるんです

そうするとシャンプーも少なめで

効率よく洗えます

その後シャンプーしたら

今度はシャンプーの

濯ぎ残しが無いように

充分にシャワーで流してください

濯ぎがあまいと シャンプーも汚れも

両方が残ってしまします

そして

その時のシャワーの温度も

ポイントなんです・・・

f:id:GOIS:20180910094759p:plain

毎日使うシャワーの温度で

髪は変わってしまいます

洗顔をする時のお湯は

熱すぎない方が良いって言いますよね

頭皮は顔と同じ肌です

髪は皮膚が角質化したものです

頭皮には体の中でも皮脂腺が多く

顔のTゾーンの3倍と言われています

その分 皮脂の分泌が多い場所です

では どれくらいの温度で

シャワーを使用するのが

髪にとって適温なのか?

答えは 38~40℃くらいです

髪洗に適切とされるシャワーの温度は

人間の体温くらいだとされます

皮脂汚れなどが落ちやすい

シャワーの温度としては

顔などの皮脂汚れは36.5度

人の体温くらいで溶け出しちゃいます

人間の体温くらいであれば

髪や頭皮に負担を与える事はないです

なので体温より少し高いくらいの

38度前後が適温とされています

でも 季節によっては38度だと

ちょっと寒いってこともあるんで

季節によっては多少調節して下さい

その他にも シャワーの温度が

ヘアカラーの色持ちにも関係してます

髪はもともと高い温度になるほど弱いです

高い温度ののお湯でも 髪の表面の

キューティクルが壊れたり剥がれたりして

傷みに繋がることがあります

カラーリングした髪は

薬剤の影響でダメージを受け易い状態で

そこへ高い温度のお湯をかけてしまい

キューティクルに少しずつ負担がかかると

髪に必要な油分と水分を保持出来なくなり

乾燥気味でツヤの無い髪になりやすいです

髪にも 頭皮にも

熱いシャワーはNGなんです

皆さん 毎日のシャンプーは

当たり前かと思いますが

毎日 ちょっとずつの負担が積み重なるので

シャワーの温度は意識した方が良いです

f:id:GOIS:20180910095623j:plain

読者の皆さんいかがでしょう

毎日の自分のシャワーの温度と

どれくらい違いますか??

参考にして頂ければ、、、

f:id:GOIS:20180910095723j:plain

それでは またね〰(^^)

ランキングに参加してます

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

関連記事

使い方は ちょ~簡単!

完全には防げない紫外線 

ジメジメ時期に多い 頭皮トラブル

温泉で髪の毛洗いますか?

髪の紫外線対策はどうやるの?

どうにかしたいこのアホ毛

予防策があれば知りたい 

軟水とか硬水とか –

髪の毛や頭皮が 匂う!?

春に近づくこの季節 

シャンプーアレルギー

ヘアカラーはどれくらい持つの?

表面のパヤパヤ毛が!

きれいな髪には必要なもの 

乾燥した髪! 

f:id:GOIS:20170412105456j:plain
熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1 
Tel  0968-46-1688
LINEで送る
Pocket
はてなブックマーク - シャワーのNGとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)