そもそもシャンプーは いつから当たり前なの

多くの美肌芸能人が実践中として

話題になった 『無洗入浴』!! 

 

f:id:GOIS:20180821113849j:plain

無洗入浴っていうのは

毎日 10分以上

湯船につかるだけの入浴法で

石鹸は使わないそうです

 

 

 

こんにちは~  坂口です

 

『湯シャン』とか

『ノープー』って呼ばれたりして

シャンプーを使わずに

お湯だけで洗髪する方法の事です

36~37℃位のぬるま湯で

頭皮を指の腹で優しく洗い流すだけです

熱いお湯だと 頭皮に必要な油分まで

取り過ぎてしまい逆効果なので

熱すぎ無い方がよいです

 

数年前に タモリさんが

「お風呂では石けんもボディーソープも使わず
 湯船に10分つかれば体の汚れの80%は落ちる」

と語り

 

f:id:GOIS:20180821113924j:plain

 

 

その後

芸能人の中でも実践してる人が現れ

チョットした話題になりましたぁ!

 

 

ランキングに参加してます

にほんブログ村 美容ブログへ

おねがいします(*^^*)

 

現代社会では当たり前のシャンプー

そもそもシャンプーは

いつから当たり前なのか?

実は 日本人がシャンプーをするようになって

まだ数十年しか経っていません!

 

 

文献などの資料を見ると

平安時代には一年に一回程度

米のとぎ汁や

植物の皮をお湯に浸し

それを髪に付けて

洗う感じだったようで

年に一回程度なので

臭い消しのために

お香を髪に付ける習慣があったようです

昔は

超〰ノ―プ―だったぁ!\(◎o◎)/

 

 

水で髪の毛を洗い出したのは

江戸時代くらいからで

それでも月に1度くらいの頻度で

ふのり・小麦粉・灰汁・お茶などで

髪の油分を取り除いてました

 

明治時代に入ると

現在のシャンプーの

はしりみたいなもので

火山灰や粘土などを混ぜた

粉石けんの物が販売されだしました

 

 

「シャンプー」という言葉が出てきたのも

昭和の初め 昭和6年頃とされてます

現在のような石鹸原料では無い

シャンプーが登場するのは

終戦後の昭和25年頃で

 

各社で新製品が発売されだし

シャンプーで髪を洗う習慣が

徐々に浸透していきました

その後 昭和30年頃にリンスが登場!

このリンスも

あっ という間に定着しました

 

 

昭和7年の広告

 

f:id:GOIS:20180821120012p:plain

この頃でも 月に2回!!(汗)

 

よく見ると

「髪を洗ってださい

汚れた髪は衛生に悪いばかりで無く

他に迷惑でございます」って

書いてあります

(やっぱり臭ってたのかも?・・・)

 

 

三年後には

 

f:id:GOIS:20180821120144j:plain f:id:GOIS:20180821120200p:plain

 

昭和10年頃で 週に一度です!

 

 

 

時は進んで

30年後には!

 

 

昭和40年頃

f:id:GOIS:20180821164915j:plain

 

5日に一度!になりましたぁ(笑)

 

昔は 毎日シャンプーするほうが

普通じゃなかったんですねェ~!

 

 

そして 10年するとォ

 

昭和50年頃

f:id:GOIS:20180821164928j:plain

 

「毎日シャンプーしてもいいですよ~」

みたいな広告に変わります(笑)

 

この辺を皮切りに

髪を毎日シャンプーするのは

あたりまえのことのようになり

 

昭和55年頃には

「朝シャン」と呼ばれる言葉が生まれ

ブームにもなりました

f:id:GOIS:20180821164945j:plain

 

朝と夜 1日に2回髪を洗い

女性は髪に残るシャンプーの香りを

重視する傾向が強くなり

シャンプーの消費量も大幅に増加し

販売メーカーも 次々にシャンプーの

開発を進めました

 

昭和時代の流れの中で

月に2回のシャンプーから

毎日洗う習慣に移り変わり

更には

洗う目的のシャンプーから

香りをプラスしてフレグランス的な

アイテムとなったシャンプー

平成に入るとヘアスタイルも

ヘアカラーが当たり前になり

シャンプーに求める事も 次第に

「ダメージヘア用」「カラーリング用」など

髪の毛のダメージの悩みに対応する

シャンプーが多く見られ

 

テレビCMも

ダメージ補修して ツヤツヤな髪の毛に!

って感じの宣伝が多いです

 

 

昭和7年頃の

「汚れた髪は衛生的に悪いから

シャンプーしましょう」って頃とは

大きく変化しました

 

今後も 時代に合わせて

シャンプーは変化していき

多くの種類のシャンプーが発売となるでしょう

 

消費者の方からは 

「種類が多すぎて何を使えば良いか解らない!」

そんな声も聞かれます

 

そんな方は

担当の美容師さんなどに

聞いて見るのも良いかもですネ!

 

先述した

『湯シャン』とか

『ノープー』ってのもありますが

臭いや頭皮の痒みなどの

症状が出たりする方もいますし

スタイリング剤なども使うので

やはりシャンプーは

必要かなと思います

 

毎日使うシャンプーだからこそ

本当に自分に合った物を

見つけて頂きたいです(^^)

 

それじゃ〰  またね!

ランキングに参加してます

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

 

関連記事 

デリケートな繊維素材!

重曹シャンプーって何?

洗いすぎって場合のシャンプー

汚れもシャンプーも残りやすい

詰め替えるのは あたりまえ!

いつまでも綺麗な髪で!

髪の曲がり角は何歳? 

お肌にやさしい 弱酸性 本当ですか~ 

髪の毛を守ってくれるもの!

  

f:id:GOIS:20170412105456j:plain
熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1 
美容室  Red clover 
TEL  0968-46-1688

 

LINEで送る
Pocket
はてなブックマーク - そもそもシャンプーは  いつから当たり前なの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)