ビビリ毛にならない為に

「髪の毛がチリチリになってしまった」

というトラブル!!

f:id:GOIS:20180218193826j:plain

こうした事は

なぜ起きてしまうのか??

こんにちは~   

Red clover  坂口です

 

髪の毛がチリチリに!

そんな相談のお客さんが

たま~に

いらっしゃいます(ToT)

皆さん同じような症例で

ビビリ毛と呼ばれる状態です

トリートメントで伸ばす縮毛矯正や

髪質を改善してくれる縮毛矯正

他にも

繰り返すほど良くなる縮毛矯正

どれも

傷まないはずの

縮毛矯正だったのに~!(ToT)

 

 

ビビリ毛になっちゃったど

ビビリ毛って直せる?

直せない?

はっきり言うと

元の状態に戻ることは

ありません \(◎o◎)/!

ビビリ毛の修正は

チリチリを出来るだけ伸ばして

扱いやすくするくらいが限界で

チリチリになる前の状態に

戻すことは不可能です

髪の状態次第では

ビビリ修正すら

無理な場合もあります

しかも このような技術は

非常にリスクをともないます

損傷で髪の毛の形を

維持することができないビビリ毛を

無理矢理 元に戻す作業なので

仕上がりの予測つきにくく

難易度がかなり高いものです

こうしたことを考えると

ビビリを修正する事より 

ビビリ毛にならない事

重要となりますので

お客さん自身にも

最低限の知識を持ってもらうことが

大切だと感じます

どんな人がビビリ毛になる?

まず ビビり毛に

なりやすいタイプの方としては

  • 縮毛矯正やデジタルパーマを定期的にかける人
  • ヘアアイロンやコテを使いスタイリングする人
  • セルフカラー(ホームカラー)をしている人
  • パーマやカラーの頻度が多めの人

こんな感じです

あてはまる項目がある方は

注意して下さい

※特にセルフカラーの方は

注意が必要です

チリチリになる原因とは

何故

チリチリになってしまうのか?

髪の毛のダメージが進み

髪の毛の体力の限界を越えて

縮毛矯正だったり

パーマやヘアカラーを

行なってしまうと

ビビります!

髪の毛というものは

薬剤などを塗布すると

何かしら負担がかかり

ダメージしていくものです

ダメージの大小はありますが

繰り返すことで 少しずつ

髪の体力を削っていきます

f:id:GOIS:20180218194612j:plain

そして

髪の体力は有限ってことです

髪の毛は 一度傷むと

回復はしません!

元に戻る事はないんです

高価なトリートメントをつけても

サロントリートメントしても

傷みが修復される事はありません

髪の体力は何をしても

増えません!

お客さんにも

この辺を理解して頂き

パーマや縮毛矯正

ヘアカラーなどは

美容師さんに相談し

髪の状態をきちんと見ながら

施術してもらう事が

ビビリ毛を回避する

一番の方法です

それとやっぱり

信頼の置ける美容師さんを

探すことです

きちんと

相談できる人がいると

ビビリのリスクは下がります

以上

ビビリ毛を回避する為の

基礎知識でした(^^)

ビビリ毛の事故が減りますように・・・

 

f:id:GOIS:20170412105456j:plain
熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1 
美容室  Red clover

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)