髪色の違い

ヘアカラーをするのが

あたりまえになった現代社会

f:id:GOIS:20180127022826j:plain

ヘアカラーをしていない

人を探すのが難しいくらいです

 

 

こんにちは~   

Red clover  坂口です

 

 f:id:GOIS:20180116142734j:plain

  ブログ紹介・プロフィール

 

 

日本やアジアでの髪の色は

黒髪が基本的です

しかし

世界的には ブロンドや栗色

いろんな髪色が存在してます

 

ヘアカラーじゃなく その人の

元々の髪の色

同じ黒髪でも 人によって

比べてみると微妙に

違いがあったりします

 

人それぞれに違いのある髪の色

髪の色はどうして決まるのか?

 

 

ランキングに参加してます

にほんブログ村 美容ブログへ

応援おねがいします(*^^*)

 

髪に色を付けてるものは?

人間の髪の色は

「メラニン色素」により

色として見えます

 

メラニン色素が無くなった髪が

いわいる白髪です

 

 メラニン色素は2種類

1つは 黒~こげ茶色の

「ユーメラニン」と呼ばれるものと

そしてもう1つが 薄い赤茶色~黄色の

「フェオメラニン」と呼ばれるもの

 

この2種類のメラニン色素が

髪の中で合わさり

ユーメラニンとフェオメラニンの

ミックスバランスによって

髪の色として見えています

 
例えば

日本人をはじめアジアの人々の黒髪は

ほぼ ユーメラニンで

フェオメラニンはごくわずかです

 

しかし 日本人でも

体質的にその量が変わると

外国人のように

栗色の髪を持って生まれる人もいます

 

ダークブラウンと呼ばれるこげ茶色の髪は

ユーメラニンが多くて

フェオメラニンが少ない髪の色です

 

もっと明るいブラウンになると 

ユーメラニンの比率がさらに減ります

つまりユーメラニンとフェオメラニンの

配合の比率で 

色が黒髪・ブラウン・ブロンドなど

色の違いとして見えます

一人一人で配合比率の

違いがあるので同じ黒髪でも

個々に微妙な違いが出ます

 

f:id:GOIS:20180127022127j:plain

 

 

 

 

 

ブロンドは両方の

メラニン色素が少ない髪で

 

f:id:GOIS:20180127023137j:plain

 

 

 

赤毛と呼ばれる髪色は

ユーメラニンが少なくて

フェオメラニンが多いと

赤毛になります

 

f:id:GOIS:20180127022300j:plain

 

ブロンドと赤毛は

世界的にも少数で

まれな部類の髪の色です

 

 

日本人から見た 欧米人は

ブロンドヘアーのイメージがありますが

じつは 完全なブロンドヘアーは

世界人口の1~2パーセントだと

言われています

 

これはブロンドが

劣性遺伝であることと関係していて

むしろ 他の色が微妙に混ざった

ブロンドの人が多いため 

ブリーチなどで 

きれいなブロンドにしている人が

多いようです

 

 

ユーメラニンは壊れやすい

メラニン色素の

比率によって決まる髪色ですが

ユーメラニンは壊れやすく

フェオメラニンは安定していて

壊れにくい性質があります

 

日本人がヘアカラーをした後に

時間の経過で染めた色が抜けてくると

赤っぽくなったりするのも

ユーメラニンが壊れやすいためです

 

ヘアアイロンなどを

繰り返し使ううちに

赤茶けた色になるのも

ユーメラニンが壊れる事で

起きるものといえます

 

ユーメラニンより

フェオメラニンの方が強く

ブリーチなどでも壊れにくく

金髪になるのも フェオメラニンが

最後まで残るからなんです

 

 

加齢による髪の色の変化

加齢による髪の色の変化で

白髪になる場合は

ユーメラニンもフェオメラニンも

まったく含まれていないと

白髪になります

 

加齢が原因で 

メラニンを作っている

メラノサイトが働かず

メラニンの生産が中止され

色素なしで髪が伸びることで

白髪になります

 

 

 

髪の毛の色は「メラニン色素」で

色がついており

その メラニン色素には

ユーメラニンとフェオメラニンがあり

ユーメラニンとフェオメラニンの

配合の比率で髪の毛の色が決まってる

 

ヘアカラーで髪を明るくしたり

ブリーチなどをすると

ユーメラニンはすぐに分解されるが

フェオメラニンの方は分解されにくく

残りやすい

 

オレンジっぽく脱色されたり

金髪などは 

フェオメラニンが残ることで

出てくる色なんです

白髪は 加齢などの原因で

メラニン色素が作られ無くなるため

色が無くなり白髪に変化し始める

 

 

 体調や病気などによる髪の色との関係

喫煙者は非喫煙者に比べて

4倍近く若年性の

白髪になる確率が高いと言われる

 

体の病気と髪の毛は

密接に関係してる事があり

栄養失調などで メラニンが生産不足になり

髪の色艶や髪の毛自体も細くなったりする

 

 

髪の毛の色は

メラニン色素のよって

色が付いているのは

理解して頂けたと思います

 

ちなみに

肌の色や瞳の色なども

メラニン色素によるものです

たった2種類の

メラニン色素ですが

そのバランスしだいで

黒髪からブロンドヘアーまで

さまざまな色が作られてます

 

 

 

今日は ヘアカラーをしてな

い髪の色の話でした!

では またね~

 

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

 

 

 関連記事

白髪を染めなくてもいい時代?

髪にも良いんです! 

日常でも 酸化?還元? 

忘年会のシーズンです 

ロングヘアーに変身する

香りブームが・・・

イメチェンできましたぁ? 

幼児のヘアカット サロンデビュー!

失敗しない美容室選び! 

髪の質感アップ↑↑ 利益アップ↑ 

シャンプー解析サイトのガイドライン 

いろんな要因でマイナスされる髪の毛!

ダメージの原因は水だった 

最後の砦みたいなもんです!

髪の曲がり角は何歳?

髪を綺麗に保つために・・・

 

 

f:id:GOIS:20170412105456j:plain
熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1 
美容室  Red clover 
TEL  0968-46-1688

 

LINEで送る
Pocket
はてなブックマーク - 髪色の違い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)