家で染めたら・・・

髪の色を変えて

ヘアカラーを楽しんだり

f:id:GOIS:20171023095656j:plain

気になる白髪を

ヘアカラーで隠したり

f:id:GOIS:20171023095928j:plain

今では 当たり前となったヘアカラー!

美容院で染める人

市販のヘアカラーを用いて

自宅で染める人

「あなたはどっち?」

こんにちは~     GOISです

 

 

美容師をしていると

「家で染めたら髪が傷んだ….」

な~んて事を よく聞きます

 

ホームカラーで髪の毛が傷むのは

まずホームカラーでは

薬剤パワーのコントロールができません

ホームカラー剤は

どんな髪質の消費者さんが

使用するのか解らない(陳列棚の商品を消費者が選ぶ為)

なので

だいたい薬のパワーは強めの設定です

プロである美容師が

髪質と髪の状態に合わせてセレクトする

サロンカラーとは違い

軟毛でも 硬毛でも

ダメージのない根元だろうと

ダメージのある毛先だろうと

まったく お構いなしで

全ての髪質をひとまとめに考え

どんな髪の毛でも染められるように

パワーを強めにしてあります

 

美容師の立場からすると

そんなホームカラーは恐ろしいもんです

薬剤パワーを必要とするカラー剤で

染めるのは 新しく生えた根元だけであり

f:id:GOIS:20171023094810j:plain

一度染めた根元以外の部分は

カラー剤のパワーを弱くして

カラー剤が髪に与える負担を

最小限に抑えるように

コントロールしなくてならない

ホームカラーでは

髪の状態なんか関係なしで

基本的に どの部位でも染まるように

薬剤のパワーを強く設定してあるので

それがホームカラーで傷む原因です

薬剤の塗り分けが出来ない

先述の通り 美容室では

根元と毛先で 薬剤パワーを変えて

ダメージを少なくするように配慮します

f:id:GOIS:20171023094654j:plain

ホームカラーで 新しく伸びてきた

根元だけを染めて 塗り分けするなど

かなり難易度が高く不可能でしょう

その結果 根元から毛先まで

薬を伸ばしてしまう(ToT)

セルフでは きちんとした

薬剤の塗り分けは不可能です

最強パワーのカラー剤で

毎回毛先まで塗布!

傷むのも必然って感じです

適切な放置時間の判断が出来ない

美容師はカラー剤や元の髪色や髪質によって

放置時間の設定を変えます

暖色系・寒色系など

色味によっても変わるし

根元や毛先によって違う場合もあるし

むやみに塗布している時間が

長すぎるのも傷む理由の一つです

  • 薬剤のパワー
  • 塗布のテクニック・塗りムラ
  • 適切な放置時間

これが ヘアカラーにとって大事な事で

ダメージを左右する大きなポイントです

手軽で簡単そうなイメージを打ち出して

販売促進に力を入れる ホームカラーだけど

実は カラーリングは とても奥が深く

プロの技術を必要とするものなんです

f:id:GOIS:20171023101019j:plain

サロンでプロに染めてもらう事は

髪にとっても大きなメリットとなります

髪をキレイにしたい人は

絶対にホームカラーは避けるべきです

みんな失敗してるんです・・(ToT)

ホイじゃ またね~

 

f:id:GOIS:20170412105456j:plain
熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1 
美容室  Red clover 
TEL  0968-46-1688
LINEで送る
Pocket
はてなブックマーク - 家で染めたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)