黒染めは とっても簡単??

就職活動など 何かしらの理由で

一時的に髪を 黒やダークブラウンくらいに

暗くしなくてはならない

なので
セルフカラーで黒染めしちゃいます!!

ど~も~  GOISです

「黒にするだけなんで

市販の黒染めで自分で染める」って人も

たくさんいると思います

黒くするだけなら

自分でも できそうだし

お金もかからないし簡単そう!

しかし

黒染めを使うと そのあとまた

明るくする時には 大きな影響あります

黒染めをした後に

ヘアカラーで明るくしようとしても

明るくはできないんです!!(ToT)

 

黒染めの時に

どんな薬剤を使い どんな

塗布の仕方だったのかにもよりますが

学生さんなどは
黒染めはドラックストアに売っている

市販のヘアカラー剤を使い

黒髪に戻すパターンが多いです

市販で手に入るので

  • 「お手頃な価格だから」とか
  • 「黒にするだけで簡単そうだから」とか
  • 「好きな時に染められるから」とか

こう言った理由が多でしょう

確かに 黒に塗りつぶしてしまう様な

黒染めならムラも解りにくし

簡単にできそうなイメージなのも解ります

しかし

黒に染めるだけのヘアカラーでも

そんなに単純なものじゃぁないんです!

例えば

黒染めをする前の 髪の毛の明るさは

みんなバラバラです

ブリーチしていて キンキンだったり

f:id:GOIS:20170921215152j:plain f:id:GOIS:20170921215413j:plain

地毛より ちょっとだけ明るい

ブラウンくらいだったり

f:id:GOIS:20170921215926j:plain      f:id:GOIS:20170923211003j:plain

個人個人で現状の髪の状態が

違うはずなんです

サロンで黒くトーンダウンをする場合は

現状の髪の色を把握して

どれくらいの染料を使用すれば 地毛に近い

黒髪になるのか計算して ヘアカラー剤を調合するし

後々 明るく戻したいのであれば

その後の事も考慮して薬剤を調合します

f:id:GOIS:20170921220105j:plain

それに対して 市販の黒染めは

使う人の髪の明るさがどんな状態で

どれくらいの明るさの髪を 黒に染めようとしているか

メーカー側からは 商品を作る段階では解らないんです!

そのため メーカ側とすれば

どんな明るい髪色の人でも 黒髪になるように

薬剤調合を濃い染料にする必要があるんです

市販の黒染めで黒くした髪の毛は

どんな状態かと言うと

どんなに明るい髪色から染めても

キッチリ黒に染まってしまうように

調合された染料がとても濃いため

染め上がりは真っ黒です!(汗)

しかも セルフカラーなので

ムラなく黒染めできたと思っていても

実は 目に見えないだけでムラだらけで

真っ黒だから 人の目ではムラが

見えないだけなんです

黒染めする時には

明るくない根元部分と

明るい部分を塗り分けないといけません

根元の明るく染まってない

黒髮の部分まで一緒に薬剤が付くと

更にその部分は明るくなりづらく

確実にムラになるんです

このムラが時間がたつにつれ 染料が

褪色していくのと同時に 目に見えるムラになり

その後のヘアカラー時にも いろいろと

影響があります

基本的に

明るい髪から→暗い髪に染めて→また明るい髪に

なんてのは 必ず髪を傷めます!!

黒染めも簡単に考えちゃダメなんです

 

確かに ホームカラーは

自分の好きな時間で

簡単にできそうなイメージだけど

髪‭にとっては致命的!

髪を傷めてしまう前に

明るくする時も 暗くする時も

白髪が気になる時も

美容室をオススメします!

セルフカラーは危険なんです!

 

f:id:GOIS:20170412105456j:plain
熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1 
美容室  Red clover 
TEL  0968-46-1688
LINEで送る
Pocket
はてなブックマーク - 黒染めは とっても簡単??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)