豊前街道の昔っからの温泉町

f:id:GOIS:20170713165823j:plain

ウチの地元 山鹿市は 昔っからの温泉町なんで

温泉は切っても切れない存在なんです

 

山鹿の温泉は 最高に気持ち良いですよ~!

www.y-kankoukyoukai.com

www.hirayama-onsen.jp

いきなり 地元アピールから始まりました

こんばんは~ GOIS です

どの年代の人にも人気があり

温かいお湯に入ると

体も心も癒されて 疲れもスッキリ おまけに肌にもすごく良い

「温泉!!」

ゆっくり身体を休める事ができて肌もつるつる!

しかし!! 

髪の毛にとって 温泉は ちょっと注意が必要です

 

 

温泉は PH値の違いで

酸性 アルカリ性 中性 の泉質のものがあります

弱アルカリ泉などはよく「美肌の湯」なんて言われます

f:id:GOIS:20170713170444j:plain

アルカリ性の温泉は 肌にはとても良いんだけど

これが髪の毛となると

またちょっと事情が違っちゃうんです (^_^;)

人間の皮膚や毛髪はタンパク質でできていて

本来 髪の毛の安定したPH値は弱酸性(PH 4,5~5,5 )です

「水」はPH7 中性です

もともとの髪の毛のPH値 4,5~5,5だったのが

アルカリ性の温泉でシャンプーなどして温泉で髪の毛を濡らすと

髪の毛自体のPHが アルカリ性に傾いていく(PH7以上になっていく)

 

PH 値が大きくなるにつれ アルカリ性が強くなります

ちなみに 一般的なパーマ液はアルカリ性で

アルカリの高いもの(パワーの強い薬)でPH9くらい

温泉は PH8とか8.5とかあったりするようです

髪の毛のPHが アルカリ性に傾いていると言う事は

髪の毛が 膨潤していて非常に傷みやすく

不安定な状態になってるってことです

その状態のままだと

ヘアカラーの色素などは流れ出やすくなり

髪の強度を保つ事が難しくなりダメージに繋がります

酸性の温泉も要注意

温泉はアルカリだけではなく 酸性の温泉もあります

酸性は 髪の毛を収斂(ひきしめる)する性質があるんですが

強酸性の温泉や 鉄分が多い泉質や硫黄の泉質は

注意した方がよさそうです

酸性が 強過ぎると

カサカサのギシギシ状態になってしまいます

髪の毛は ちょっとした PH の変化に

左右されやすいんですね~!

日本の温泉は「アルカリ泉」が圧倒的に多いらしく

アルカリ性の温泉は 肌なんかは つるつるして気持ち良いです

ただ 髪の毛には デメリットになることもあります!

他にも 海水、プールなど いろいろと

カラーの褪色やダメージの原因になりやすい物はあります

とは言っても 何でもかんでも「ダメです!」と言ってると

生活ができなくなっちゃいます

少しだけ 頭の隅に覚えとく!

くらいでいいんじゃないかと・・・では  

f:id:GOIS:20170412105456j:plain
熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1 
  Red clover
LINEで送る
Pocket
はてなブックマーク - 豊前街道の昔っからの温泉町

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)