なんで そんなイメージになってしまったの?

巷で はやりの

「オーガニックカラー」

オーガニックって付くだけで

髪の毛に良さそうなイメージ!

f:id:GOIS:20170502232000j:plain

                実際は???

「そう、まさにイメージ!」(笑)

Red clover です

「オーガニック」と聞くと

低刺激・優しい・安心・安全  など

とっても イメージが良い響き!

美容業界には様々な商品があり その中でも

消費者ウケするのがオーガニックと名の付く商品なんです(笑)

「オーガニック = 天然由来で髪にも肌にも優しい」

と思っている方が多いでしょう? ・・・(汗)

 

 

 

オーガニックのヘアカラー

ヘアカラー剤で髪の毛が染まる仕組みとて

黒色(メラニン色素)を脱色してから

染料の色素を発色させる

通常のカラーでも オーガニックカラーでも

この原理で髪を明るくして染めてるので

髪の毛に対するダメージは変わりません

オーガニックカラーだろうと

通常のヘアカラーだろうと

自毛よりも明るく染まる場合はダメージするし

オーガニックでダメージが少なくなる

な~んてことは ゴザイマセン!

オーガニック化粧品と聞くと?

「天然成分で肌に優しそう」

「体によさそう」

「敏感肌でも使えそう」

オーガニックと聞くと天然素材って思われがち!

ほとんどの人が 天然で肌に優しいっていうイメージでしょ?

でもそれは

みなさんの勘違いで全く関係無いんですぅ~!!!

 

その反対で 天然の成分を使用した方が

肌へのリスクが上がっちゃったりするんです(爆)

オーガニック = 天然由来で肌に優しい

なんで そんなイメージになってしまったの?

確かに「オーガニック」とは地球環境や人間の

食品としての安全性は高いのかもしれません

しかしそれは人が食べる物の話で

肌に付ける物が天然成分だから

トラブルが無いという事はありません

例えば

「うるし」などは 触っただけでも肌が荒れます

中には かぶれたりする人もいます

天然の物なのに何で?

「杉花粉」 や 「イネ花粉」 など

アレルギー(感作性)の人だと反応しますね?

配合量が多ければ多いほど アレルギーリスクが高くなります

天然の物でもこういったトラブルが起こります

f:id:GOIS:20170502214332j:plain

日本ではオーガニック商品に 特別な認証などがある訳じゃなく

作ったメーカーが オーガニックだといえばオーガニック商品 なんです

オーガニックの エッセンシャルオイルを

一滴垂らしただけの商品でも

「オーガニックの商品で~す」と言って

販売できちゃいます!

オーガニック だから 肌に優しい理由なんてありません

単純にイメージ戦略(爆)

ただの付加価値です

美容製品は本当にたくさんあり

何が何か よくわからない状況で

商品の差別化のために

健康志向な社会の風潮に合うように

オーガニック商品が出来あがり

販売の為に付加価値とイメージ戦略をしてるんです

合成物質は肌に悪い

天然の物じゃないと肌にトラブルが起きるよ~ってね!

合成物質は危険ではありません

理由は合成物質は構造を組み替えて

危険なものを取り除き

人工的にではありますが安全性を高めて商品を開発してます

逆に、

天然物質でも危険性は否定できません

天然物、特に植物には根本的に毒素を持っていて

科学的に手を加えないためにその毒素もそのまま配合される

その為にエッセンシャルオイルなどは基本的に配合量を

少量におさえて毒素が悪さしないようにしてます

多くのエッセンシャルオイルに皮膚刺激があるようです

油に関しても 合成油脂は酸化の心配がほとんどないんですが

天然油脂はほとんどが酸化耐性が低いです

オーガニックだから肌に優しいっていうイメージが

一人歩きしてしまっているんです

オーガニックは肌に優しいのではなく自然に優しい物で

オーガニック商品は効果や安全性は低いという結論です・・・

しばらく前に ニュースになってました

無印良品、ベビー用パジャマを自主回収:朝日新聞デジタル

 

 

 

f:id:GOIS:20170412105456j:plain
熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1 
美容室  Red clover

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)