ヘアアイロン使用のポイント!

 

毎日のスタイリングで使うヘアアイロン

「少しカールが欲しい」 っていう時はカールアイロンで!

f:id:GOIS:20170204221810j:plain

「くせが気になるんでストレートにしたい」

っていう時には気になる部分をストレートアイロンで伸ばす

 

ヘアアイロンは毎日のスタイリングで

必須アイテムになってるみたいだけど

使い方次第では髪の毛に相な負担がかっちゃったり

しちゃうんで気をつけてね!

中には取り返しのつかないダメージになることも・・(汗)

ってことで 今日は

 

温度設定

温度については 美容師によっても違うんだけど

180~200℃の高い温度で チャチャッと素早くやった方がいい!!

って言う美容師さんもいれば

130℃くらいの温度でできるだけ低い温度でやった方が良い!

って美容師もいる

GOISは後者の130℃くらいをお客さんには

説明している

素早くできるんだったら高温でって(汗)

なかなか難しいでしょ~!

危険性が高くなっちゃうなーっておもうけど?

髪の状態

半乾きの状態でアイロン

乾かすのが中途半端でまだ髪が湿ってるとか

巻き髪用のトリートメントミストなどで

髪を湿らせてからアイロンするとか

あれ? ズボシだったぁ!

これ 絶対にだめですよ~

髪は濡れている時が一番デリケートなんです

そこに向けてに高温なんて 拷問だ!!

ジュッっていうでしょ!? ジュッって!?  

f:id:GOIS:20170204221810j:plain    f:id:GOIS:20170204222007j:plain

髪はタンパク質でできていて高温を加えると

このタンパク質が熱によって変性してしまう

熱変性ってのは 熱でタンパク質が固まっちゃうですが

解りやすいのは 卵に熱を加えると固まる

そんなイメージです!!

 

髪の中でも同じように高い熱が加わると

髪の中のタンパク質が固まっちゃう

このタンパク質の熱変性が髪のダメージの原因になる

では  何℃くらいで髪の毛は熱変性するか?

ぜひ目安にして欲しいですが

通常 一般的に髪の毛が熱変性するとされる温度は

乾いている状態で 130℃~

濡れている状態で 60℃~

そ~です 髪は濡れていると

低い温度でも熱変性を起こしちゃうんですね

例えば 100℃でアイロンを使うしましょう

乾いている髪にとっては低温でも

揺れている髪にとっては高温になっちゃいます

だから 半乾きだったり

ミストなんかで濡れた状態での

ヘアアイロンは絶対にやめて下さい

それと 髪が濡れてると 形はつきませんから

ヘアアイロンは 必ず乾いてる髪に

130℃前後くらいを目安にして

巻く髪の量や巻き込んでる時間

ストレートであれば

アイロンではさむ量とスルーするスピード

などを減らしたり増やしたり

遅くしたり早くしたりしながら

希望の形になる 自分のやり方を

見つけてネ!


世界びっくり映像!ヘアーアイロンで髪がオーマイガー!!

補足として

乾いてるから130℃で大丈夫なんて思って

巻き込み時間を過剰に長くしたりしたら?

これはやはりダメ!

アイロンの温度は130℃でも 髪の毛を長い時間巻き込んで

過剰に熱があたるのはやはりダメージしやすいので注意してね

髪の事を考えるならば やはりり低い温度のほうが

髪のダメージは少ないでしょう!

「できるだけ低い温度で できるだけ短時間
っていうのが理想的!」

 

f:id:GOIS:20170412105456j:plain
熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1 
美容室  Red clover

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)