商品の内容が実際より優れているように表現する

何日か前に 「水素水」 に対しての

国民生活センター調査がニュースになってましたね

f:id:GOIS:20161220150602j:plain

容器入り水素水10銘柄と生成器9機種を調べ、水素が検出されない銘柄や、表示されている水素濃度より低いものが生成される機種があった。

そしてセンターは、販売されているものの広告の中に医薬品医療機器等法や健康増進法に抵触するものがあるとして、行政に対し表示の改善を指導するよう要望した。

水素水を巡っては16年6月10日に国立健康・栄養研究所がホームページ上で、

「俗に、『活性酸素を除去する』『がんを予防する』『ダイエット効果がある』などと言われているが、ヒトでの有効性について信頼できる十分なデータが見当たらない」

との研究結果を発表している

~J-CASTニュースより抜粋~ http://www.j-cast.com/

こんばんは~ GOISです

どんなビジネスにも誇大広告があるのはいつの時代も変わらないようです

誇大広告とは?

商品の内容・価格などが実際より優れているように表現し
消費者に誤認を与える広告

ランキングに参加してます

にほんブログ村 美容ブログへ
応援クリック頂くとヒジョ~にガッツさんは喜びます(笑)

理美容業界でもややもすると

「誇大広告」になりかねないグレーなものがたくさんあります

パッ!と 思いつくだけでも

「新成分を使った傷まないカラー」

「傷まない縮毛矯正でサラつやヘアに」
(傷まないまないパーマ・縮毛矯正・カラーなどありえません)

「トリートメント成分でかけるパーマ」
(トリートメントじゃパーマはかかりません)

「オーガニックノンシリコンカラーで低刺激で安心」
(オーガック・ノンシリコン・低刺激?マイルドなイメージだけ)

「魔法の○○を使ったカラー」
(とうとう美容師は魔法使いに!)(爆)

などなど 

シャンプーを始めとするヘアケア商品・サロントリートメントなども

「”活性酸素”を除去し艶とシルクのような柔らかい質に!」

「カラーが退色しないノンシリコンのシャンプーとコンディショナー」

「新発見の○○成分で髪を修復するトリートメント」

など この辺も ぐぅれ~ぞぉ~ん?・・・

グレーならまだしも ひどい広告になると

「新システムトリートメントは組織を再生させて髪の毛の再生・治癒をしてくれる」

「繰り返すことでどんどん髪の毛が修復されていく!」

な~んてこんなのも見かけます

グレーを突き抜けて ブラック!真っ黒 でしょ!

本当にこれ使ったら髪の傷みが治るんじゃないか?

って思わせる宣伝広告ばっかりですね

実際より優れているように表現し消費者に誤認を与える広告

これらの広告が本当であれば 髪のダメージで悩む人などいなくなります

ちょっと前の日経新聞の記事ですが
美容室の記事が載ってました ⇓⇓⇓

www.nikkei.com

現時点では

傷まないパーマ・縮毛矯正・カラーも

髪の傷みが治るトリートメントもありません・・・(未来に期待しましょう)

 

f:id:GOIS:20170412105456j:plain
熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1 
美容室  Red clover
LINEで送る
Pocket
はてなブックマーク - 商品の内容が実際より優れているように表現する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)