アルカリ・ph・アルカリ度・ml

こんにちは

おかげさまで 毎日パーマを

巻きまくっております 

ここ連日 美容師向けのパーマネタばかりで

一般の読者の方 ゴメンナサイ m(_ _)m

今日は アルカリとアルカリ度のおはなしです

 

意味が解らん人は スル~してね!

還元剤と酸化剤の記事を書きましたが

還元剤とアルカリの関係! 

そこに出てきた  アルカリ!

このアルカリを見てみましょう

ランキングに参加してます

にほんブログ村 美容ブログへ
クリック頂くと嬉しいです

髪の毛は ph5.5前後の 弱酸性がベストな状態

ph7が中性で

それより 数値が高くなると アルカリ性

それより 数値が低くなりと 酸性

f:id:GOIS:20161214004745g:plain

この記事 ⇓⇓⇓

知っておきたい 酸性とアルカリ性 pHの話 

phは その液体が 酸性・中性・アルカリ性 というものを

数値で表したもの

そこで 解りにくいのが アルカリ性 と アルカリ度 って?

一緒の意味? 違うこと?  何なの?

 

それじゃ  ph9のパーマ1剤 があるとします

ph9なんでアルカリ性

では質問 このパーマ液のアルカリ度は?

答えは・・・解りません

phが何だから アルカリ度はこれ

みたいな 決まった数値はない!

還元剤の種類や他に配合されてる成分との

ミックスバランスで 商品ごとにまちまち

そもそも アルカリ度とは

少し 複雑なんですが

1ml中の アルカリを 中和するのに必要な

塩酸(0.32%の塩酸水溶液)の量 単位は ml で表す

 

パーマ液でいうと 1液は

 

アンモニア や モノエタノールアミン 重炭酸アンモニウムなどの 

 

アルカリ剤を配合して作られている

 

当然 phはアルカリ性を示すんですが

 

このパーマ液1mlに対し

 

塩酸(0.32%の塩酸水溶液)を1滴ずつ混ぜるとする

 

するとアルカリ性のパーマ液は少しずつph7の中性に近ずいていく

 

そして ちょうどph7(中性)になるまでに

 

塩酸(0.32%の塩酸水溶液)を 何ml 必要とするか

 

これが アルカリ度何ml と表示される

パーマ液に配合されてるアルカリ剤の種類などによって

中和(ph7になる事)できる量がちがうので 商品ごとにまちまちなる

よって phが何だから アルカリ度はこれ

みたいな 決まった数値はない!

アルカリ度とは

このパーマ液にアルカリ剤が何mg入っているとか

そんなんじゃないんです

phと アルカリ度の関係

またまた パーマ1液のph9で考えると

例えば

パーマ1液でph9・アルカリ度3ml

もう一つ

パーマ1液でph9・アルカリ度6ml

配合されてる還元剤の濃度や

アルカリ剤の種類の違いで

phは一緒にして アルカリ度をわかりやすく3mlと6mlで

仮定する あくまで例え

さっきのアルカリ度の話で

この2つのパーマ液を中和しようとすると

アルカリ度3mlの方は パーマ液1mlに対し塩酸が3ml必要

アルカリ度6mlの方は パーマ液1mlに対し塩酸が6ml必要

中性に戻すのに 倍の量の塩酸が必要となる

ってことは?

phが同じでもアルカリ度が高い方が低い方に比べると 

 

髪の毛をアルカリ領域から酸性領域まで戻すのが大変ってこと

こんな感じで考えると 解りやすいですね

これが アルカリ度の違い!

パーマの工程の中で 酸リンスやアシッドで

アルカリを中和するとする

酸を塗布するんで phは一時的には下がりますが

アルカリ度が強いと またphがアルカリに戻りやすかったりする

 

髪の毛は ph5.5前後の 弱酸性がベストな状態

実際は 現場レベルで アルカリ度を測定したりは出来ないですが

ただ アルカリ度を ちゃん理解して知っておく事で

パーマ・縮毛矯正の 薬液・2液酸化・アルカリの中和処理

なんかの考え方に役立ちます、、、
f:id:GOIS:20161219223739j:plain

 

f:id:GOIS:20170412105456j:plain
熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1 
美容室  Red clover
LINEで送る
Pocket
はてなブックマーク - アルカリ・ph・アルカリ度・ml

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)