パーマにおける 還元剤の種類と特徴

「パーマかけてみようかなぁ~」

お客サンから見ればロッド巻いてパーマの薬つければパーマがかかる

そう!せぇ~かぁ~い!!

じゃぁ このパーマの薬のお話です

こんばんは~ パーマ屋でパーマ好きの GOIS です

今日も美容師向けで 一般の方はど~でも良い記事です 興味ある人はどうぞ!

 

 

 

肉眼には見えないけれど 髪の中では??

 

の続き

まずは

パーマやストレートパーマで使用する

1液と呼んでる薬剤

この薬剤には 還元剤と言われる

髪の毛のSS結合を切る為の成分と

アルカリ剤が配合されてできている

 

パーマやストレートで髪の毛を

曲げたり 伸ばしたりするには

この 還元剤 でSS結合を切り

希望する形のまま 酸化剤と呼ばれる2液で

SS結合を再結合させる

前のにも書いたこれ

還元酸化化学式

還元剤 ↓

RSH ⇄ RS + H+

還元反応 ↓

KSSK + RSH ⇄ KSSR + KSH  (1)

KSSR + RSH ⇄ RSSR + KSH  (2)

酸化反応 ↓

2KSH + O → KSSK + H2O

書いてる自分も目眩が、、、

まず還元剤について見てみましょ

チオグリコール酸アンモニウム(別名:メルカプト酢酸)

通称「チオ」

般的にパーマの還元剤の中では

ウェーブ効率がとても良く安定している還元剤

チオグリコール酸アンモニウムとは

チオグリコール酸とアンモニア水を中和してチオグリコール酸を塩にしたもの

チオグリコール酸単品と比べると危険性が少ないパーマ液

システイン

通称「シス」

これも昔からある還元剤で

システインは毛髪に含まれるアミノ酸の一種で

還元力は非常に弱いので

このシステインとチオグリコール酸をミックスした

シスチオなんて物もある

システアミン

化粧品登録のパーマ液として良く使われる

低pHでもかかりやすく

プルンとした力強いカールが出やすいため

パーマ時に好まれる還元剤である

マイナス点として

独特の匂いがあり残臭になりやすい事があげられる

チオグリセリン

低アルカリ量で高pHにできチオ並みにかかるため

同じpH・還元力が同じチオと比べてダメージが少ない

サルファイト(別名:亜硫酸塩)

柔らかい仕上がりで 酸性パーマ剤と混同されやすいが

実際は高アルカリ高pHが一般的で髪へのダメージもそれなりにあり

ラクトンチオール

酸性領域のおいてかかる(アルカリのシスと同等)

非常に強い不快臭がある

昭和電工の商標登録したパーマ液原料「スピエラ」とも呼ばれる

GMT

グリセリルモノチオグリコレートとか

チオグリコール酸グリセリルとか呼ばれる事もある

酸性領域でパーマが可能だが還元力はやはり弱い

ラクトンチオールのような不快臭は無い

現在のパーマ液に配合される還元剤の種類は

だいたいこんなところでしょう

最近は いろんな還元剤をミックスした商品がおおいですが

やはり還元力が必要になるので

チオグリコール酸かシステアミンをベースで

配合バランスを考えてるもの殆どだと思います

一概にどれが一番いいとかの話ではなく

美容師が還元剤のメリット・デメリットを把握して

かかりの強さ 質感の違い 髪へのダメージなどの

バランスで選択することが大事でしょう

以上 還元剤の種類と特徴・・・

まだ続くよ~

f:id:GOIS:20170412105456j:plain
熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1 
美容室  Red clover

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)