そろそろハナヘナ

天然ハーブのヘアカラー

天然100%インド産

ヘナ、インディゴを使用した

髪の毛を染める 植物性のヘアカラー

天然で自然でなんか良さそうなイメージ!!

そしてなんと

毛染めだけでなくヘアトリートメントとしても

効果が期待できちゃう!

なぁ~んて多機能なのぉ! うれし~なぁ

どぉもゴイスです

にほんブログ村 美容ブログへf:id:GOIS:20161015165748j:plain

ランキング参加中ですありがとうございます

ヘナはヘナでもハナヘナ

ヘナには大体大きく分けて

ナチュラルヘナ と ケミカルヘナの二種類にわかれます

天然100%のヘナのことをナチュラルヘナといい

ハナヘナはこれに属します、空気中の酸素と反応し、

少しづつ酸化することで約一日かけて発色します

まじりっけのない髪に負担のないヘナです

天然のヘナに化学成分が配合されているものを

ケミカルヘナといいます

ヘナという名称が付いているものの

市販されているヘナの多くは科学染料が含まれているので

ダメージもあります敏感肌やダメージヘアで悩まれている方は注意が必要です。

ハナヘナ使用後の率直な感想は

ヘアカラーとしてはヒジョ〰に使いづらい物で基本的に色は2種類

ナチュラル(オレンジ)

f:id:GOIS:20161016152159j:plain

と  インディゴ(藍色)のみ

f:id:GOIS:20161016152245j:plain

2色の調合により色味の調整をやりますが

白髪や、通常のヘアカラーで染めた明るい部分を

調合の分量で数種類のブラウン色に染める事ぐらいです

トリートメントとしての仕上がりイメージ的には

ツルツル・サラサラと思うのが一般的だが

じっさい少しコシがあって 手触りはキュッキュッ とした感じでイメージとは違う

「やっぱり、自分の都合どうりの多機能なものなんてないよネ〰」

しか~し

このハナヘナにはもう一つ隠れたメリットがあるんです

ハナヘナの粒子は非常に小さく、髪の内部に浸透して

 

タンパク質やヘナ同志でくっついて内部のダメージ部分を埋めてくれます

このことが髪の毛を補強してくれてハリ・コシを出してくれるんです

f:id:GOIS:20161016152017j:plain

傷んだ髪の毛の補強

これが一番のメリットですね~

ハナヘナは毛髪内に浸透しダメージホールと言う

髪のタンパク質が流出して カッスカッス になった部分を穴埋めしてくれる

しかも、けっこう長持ちします

巷のサロントリートメントは、髪を被膜で覆い綺麗になったように見えるのですがぁ

かえって髪を傷めてます・・・

ハナヘナは、カラー剤としての用途は限られた部分での仕様になるが

髪の補強剤としては優れた効果を発揮しマス

前に書いた記事でもハナヘナ使って髪の補強しました

この記事⇛身の毛もよだつビビり毛!!

ハナヘナは、

ダメージして

色も褪せて

パサつく髪の毛を

 

カラーで色を落ち着かせながら

髪のダメージホールを埋めて

ハリ・コシを与えてくれます

なぁ~んて多機能なのぉ!・・・

にほんブログ村 美容ブログへ
クリックをどうぞ!f:id:GOIS:20161015165748j:plain

LINEで送る
Pocket
はてなブックマーク - そろそろハナヘナ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)