「自信をもって頑張ってほしい」

医療用ウィッグを

必要としてる患者さんのために

自分の髪を伸ばして提供する

そんな小学2年生の少年の話が

ニュースになってましたね(^^)

こんにちは~ 坂口です

f:id:GOIS:20180918230342j:plain

東京都に在住の小学2年生

「石田丞(じょう)」くんは

『小児がんの子供たちの医療用ウィッグ』を

提供するために 3年前から

髪の毛を伸ばし始め

先日 延ばし続けた髪を切り

髪の毛を寄付したそうです

www.jhdac.org

丞くんは 自身が4歳の頃に

医療用ウィッグの為に髪の毛を

提供した男の子の存在を知り

自分の髪が人の為に役立てばと考え

髪を伸ばしてきました

男の子なので髪が長くなると

からかわれることもあったらしいですが

3年間伸ばし続けヘアドネーションしました

寄付した髪は 必ず

困っている人の力になるでしょう

f:id:GOIS:20180918230450p:plain

ネット上でも 彼の行動に

本当に尊敬する 素晴らしい など

たくさんのコメントが寄せられています

 

 

髪を寄付する必要性!

最近は「ヘアドネーション」という言葉も

良く聞くようになり

支援の輪も広がってるようです

医療用ウィッグで フルオーダーの

人毛100%のウィッグを作ろうと思うと

数十万円とかなり高価な物になります

医療用ウィッグはオシャレで付ける

ファッション用ウィッグとは違い

自然に見えて できるだけ

目立たない事を考えてあり

頭皮に馴染んで

自然な質感の髪の毛になるように

人工毛ではなく

人毛の必要があります

しかし 原材料となる人毛が

量的に足りておらず

価格も高めです

一人分の人毛ウィッグを作るのに

必要とされる髪の毛は

寄付で集まる髪の毛だと

約30人分ほどが必要となります

そこで この活動により

貴重な人毛を寄付して頂く事が

必要となってくるんです

当店でも 丞くんのように

医療用ウィッグを必要としてる子供たちの為に

自分の髪が人の為に役立てば!!

そんな思いで 皆さん

この「ヘアドネーション」に

ご協力頂いてます

ウィッグを必要としてる子供達に

笑顔が戻りますように・・・

f:id:GOIS:20180918231723j:plain

それでは またね~!

 

f:id:GOIS:20170412105456j:plain

熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1 

美容室  Red clover 

TEL  0968-46-1688

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)